11月の時候の挨拶と上旬、中旬、下旬ごとの文例

スポンサーリンク

手紙の始めに欠かせないものの一つが時候の挨拶です。

時候の挨拶は、簡単に言ってしまうと季節感を伝える言葉の数々ですが、同時に手紙の相手を思いやる気持ちを表す重要な部分です。

そんな大切な役割のある時候の挨拶は、ちょっとした季節や暦の変化によって使える時期が決められているため、同じ11月でも上旬には使えても下旬には使えないということも多くあるのです。

11月に使える時候の挨拶と文例を上旬・中旬・下旬の時期に分けて詳しくご紹介していきます。

よく使われる11月の時候の挨拶

11月時候の挨拶
11月は、多くの地域では紅葉のシーズンですね。

ですが、11月は上旬の7日ごろに立冬を迎えて、暦の上の季節が秋から冬へと変わります。

  • 立冬の前の終わり(晩秋)
  • 立冬の後の初め(初秋)

手紙で使う時候の挨拶は、暦の季節にのっとるものと、体感する季節感をあらわすものの2種類に分かれます。

暦の季節で使い分ける時候の挨拶は、立冬を過ぎると使えませんので、しっかり区別することが大切です。

11月は、

  • 上旬は、行く秋を惜しむ挨拶
  • 中旬から下旬は、日増しに寒くなることを気づかう挨拶

が中心になってきます。

11月上旬の時候の挨拶

月の10日までを上旬もしく初旬と呼びますが、11月7日ごろの立冬を境に季節が秋から夏へと変わります

11月上旬の気候を表現した時候の挨拶もありますが、暦に由来する時候の挨拶は立冬の前日までしか使えないものと、立冬を過ぎてから使えるものに分かれます。

では、どんな時候の挨拶があるのか詳しく見ていきましょう。

立冬の前日(11月6日ごろ)までの時候の挨拶

11月は立冬の前日までは、暦の上では晩秋(秋の終わり)です。

しかし実際には、ようやく紅葉も色づき始めて、まだまだ秋たけなわな時期ですね。

秋の紅葉は、古くから日本で愛されてきたこともあり、11月立冬の前は、晩秋の時候の挨拶がとても豊富です。

漢語調の挨拶 秋霜の候、秋寒の候、秋麗の候、錦秋の候、錦繍の候、錦綾なす候、紅葉の候、黄葉の候、秋たけなわの候、うそ寒の候、秋容の候、秋天の候、清秋の候、秋されの候、深秋の候、季秋の候、晩秋の候、残秋の候、暮秋の候、木枯らしの候、冷雨の候、霜降月の候、など
やわらかい挨拶 秋も終わりに近づき、暮れゆく秋を感じる頃となりました、晩秋とはいえうららかな日が続いております、
など

立冬(11月7日ごろ)以降に使える時候の挨拶

立冬を過ぎると、暦の上の季節は冬の初め(初冬)に入ります。

まだまだ紅葉が見ごろという地域も多いですが、改まった漢語調の挨拶は”秋”が含まれないものが中心です。

漢語調の挨拶 立冬の候、霜降の候、菊花の候、菊薫る候、菊花薫る候、朝寒の候、肌寒の候、冷気の候、霜秋の候、時雨の候、木枯らしの候、冷雨の候、霜降月の候、など
やわらかい挨拶 暦の上では立冬となりましたが、今年もはや霜月となりました、うららかな菊日和、など
親しい方への手紙なら、年賀状の発売開始など、1年の終わりが近いことを織り込んでもいいですね。

11月中旬の時候の挨拶

11月も中旬に入ると、朝晩の冷え込みが進み、冬の足音が聞こえだします。

初霜や木枯らしなど、寒さを象徴する気象のニュースも聞かれますね。

時候の挨拶でも、”寒”が入ったものが増えだします。

漢語調の挨拶 立冬の候、霜秋の候、時雨の候、初冬の候、孟冬の候、霜寒の候、向寒の候、初霜の候、残菊の候、落葉の候、小春日和の候、夜寒の候、小春の候、深冷の候、木枯らしの候、冷雨の候、霜降月の候、など
やわらかい挨拶 初霜の知らせが聞かれる頃、初冬の冷気を感じる季節、など
七五三やボジョレーヌーボーの解禁といった、11月中旬ならではの風物詩も手紙に季節感を添えてくれますよ。

11月下旬の時候の挨拶

11月の下旬は、暦の季節は中旬と同じく秋の冬の初めに当たります。

そのため、11月中旬と下旬では、時候の挨拶の多くが共通しています。

一方で、体感する季節もいよいよ冬に入るため、寒さで体調を崩していませんかと気づかう挨拶が中心に来ます。

漢語調の挨拶 時雨の候、初冬の候、孟冬の候、霜寒の候、向寒の候、初霜の候、残菊の候、落葉の候、小春日和の候、夜寒の候、小春の候、深冷の候、木枯らしの候、冷雨の候、霜降月の候、小雪の候、霜枯の候、氷雨の候、など
やわらかい挨拶 うららかな小春日和、木枯らしに身を震わす時期、野山も霜枯れた今日この頃、など
では、ここまでご紹介した時候の挨拶を使った文例をこの後にご紹介していきますね。

11月の時候の挨拶を使った文例

紅葉
時候の挨拶を選ぶうえで、季節や暦にあっているかどうかというポイントの他に、手紙の相手や用途も重要なポイントになってきます。

一般に、ビジネスや公的な文書には、漢語調の「~の候」を使うというルールがあります。

また格式の高い「~の候」は、目上の方に対する改まった手紙でもよく使われる時候の挨拶です。

堅苦しい印象ですが、型が決まっているので、型さえわかれば安心して使えるのがメリットですね。

次に一般的な手紙の場合は、漢語調まで格式張らない、定形的な時候の挨拶を使ったほうが、やわらかい印象の手紙になります。

最後に友人や親しい人に出す手紙は、定形的な表現から離れて、季節のイベントや風物詩など、自由に織り込んでOKです。

では、順番に文例をご紹介していきましょう。

11月上旬(立冬の前日まで)に使える文例

黄葉

ビジネスや公的な手紙

  • 錦秋の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 晩秋の候、貴社におかれましては、いよいよご隆盛の由、心からお喜び申し上げます。
  • 残秋の候、貴社におかれましては、ますますご繁栄の段、慶賀の至りに存じます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 季秋の候、○○様には一段とご清祥のこととお慶び申し上げます。
  • 深秋の候、皆々様におかれましてはますますご活躍のことと拝察いたしております。
  • 暮秋の候、御一同様にはいよいよご壮健のことと存じます。

一般的な手紙

  • 早くも初霜の知らせが届く頃となりました。ご家族の皆様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。
  • 黄色く色づき始めた木々の葉に秋の深まりを感じる頃となりました。ご一同様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。
  • 秋が深まり、日脚もだんだんと短くなってまいりました。○○様には、ますますお元気のことと承り、何よりと存じます。
  • 晩秋とはいえ、うららかな日和が続いております。皆様つつがなくお過ごしのことと存じます。

親しい人に出す手紙

  • 秋も終わりに近づき、霜が降りそうなほど冷え込む朝が増えてきました。その後、いかがお過ごしですか。
  • 虫の音もいつしか消え、晩秋の冷気を感じる季節になりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
  • 落葉した樹々の姿に、暮れ行く秋を感じる頃となりました。ご無沙汰してしまいましたがお元気でしょうか。
  • ぽつんと残された柿の実に過ぎ行く秋の寂しさを感じる頃、○○様には、ますますお元気のことと承り、何よりと存じます。

11月上旬(立冬過ぎから)に使える文例

落ち葉

ビジネスや公的な手紙

  • 立冬の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 菊花の候、貴社におかれましては、いよいよご繁栄の由、心からお喜び申し上げます。
  • 孟冬の候、貴社におかれましては、ますますご発展の段、大慶に存じ上げます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 木枯しの候、○○様にはいよいよご清祥のことと存じます。
  • 朝寒の候、皆々様におかれましては一段とご壮健のこととお慶び申し上げます。
  • 初冬の候、ご家族の皆様にはますますご健勝のことと拝察いたしております。

一般的な手紙

  • 木枯らしがわずかに残る葉を落とす冬木立の頃となりました。皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。
  • 暦の上では立冬となりましたが、秋晴の好天気に恵まれる折、皆様におかれましてはお健やかにお過ごしのこととお慶び申し上げます。
  • 今年もはや霜月となりました。○○様には、ますますお元気のことと承り、何よりと存じます。

親しい人に出す手紙

  • うららかな菊日和が続いております。皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。
  • 11月に入り今年もあと二か月を残すだけとなりました。その後、お変わりございませんか。
  • 早くも年賀はがきが発売となり、途端に気ぜわしくなってきたようです。お変わりなくお過ごしでしょうか。
  • 立冬を過ぎ 吹く風の中にも冬の気配が感じられますね。お変わりございませんか。

11月中旬に使える文例

木枯し

ビジネスや公的な手紙

  • 霜秋の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 霜寒の候、貴社におかれましては、いよいよご発展の由、心からお喜び申し上げます。
  • 時雨の候、貴社におかれましては、ますますご隆盛の段、大慶の至りに存じます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 初冬の候、○○様には一段とご健勝のことと存じます。
  • 微寒の候、皆々様におかれましてはますますご壮健のこととお慶び申し上げます。
  • 孟冬の候、御一同様にはいよいよご清祥のことと拝察いたしております。

一般的な手紙

  • はや向寒の候となり、日脚もずいぶん短くなってまいりました。ご一同様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。
  • 落ち葉舞い、初冬の冷気を感じる季節になりました。皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。
  • 初霜の知らせを耳にする今日この頃、○○様には、ますますお元気のことと承り、何よりと存じます。

親しい人に出す手紙

  • 菊の花も盛りを過ぎ秋の終わりを感じずにはいられません。ご無沙汰してしまいましたが、お元気ですか。
  • 冬間近となり、今年もボジョレーヌーボーの季節が来ましたね。御無沙汰してしまいましたが、お変わりありませんか。
  • 七五三の晴れ着姿の子たちが、神社に詣でる姿を目にする季節になりました。皆様、いかがお過ごしでしょうか。

11月下旬に使える文例

冬枯れ

ビジネスや公的な手紙

  • 向寒の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 小春日和の候、貴社におかれましては、いよいよご繁栄の由、心からお喜び申し上げます。
  • 深冷の候、貴社におかれましては、ますますご繁栄の段、慶賀の至りに存じます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 残菊の候、、○○様には一段とご健勝のこととお慶び申し上げます。
  • 初霜の候、皆々様におかれましてはますますご壮健のことと拝察いたしております。
  • 落葉の候、御一同様にはいよいよご清祥のことと存じます。

一般的な手紙

  • うららかな小春日和が続いております。皆様には、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
  • 肌寒さが身にしみる冬隣、お元気でご活躍とのこと、なによりと存じます。
  • 野も山も霜枯れた今日この頃、皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。

親しい人に出す手紙

  • 初霜の便りが届く頃、お風邪など召さずに元気にお過ごしでしょうか。
  • 紅葉も過ぎ、山々も冬支度を急いでいるようです。ご家族の皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。
  • 木枯らしに身を震わす今日この頃、我が家では早くもストーブが活躍し始めました。皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。
  • 日増しに募る寒さに、こたつが恋しい季節となりました。皆様、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。
秋から冬に変わる穏やかさが伝わる手紙が書けるといいですね。
タイトルとURLをコピーしました