5月の時候の結び文と上旬、中旬、下旬ごとの文例

スポンサーリンク

手紙の締めの部分は、結び文と呼ばれていて、終わりの挨拶の役割があります。

  • 相手の健康や幸福を祈る
  • 今後の愛顧をお願いする

といった内容を時候の結び文と共に書き添えると、より礼儀正しい手紙に。

送る相手や内容に適した簡潔な結び文で、好印象を残せる手紙にしましょう。

では、5月に使える時候の結び文上旬・中旬・下旬の時期に分けてご紹介していきます。

よく使われる5月の時候の結び文

鯉のぼり
手紙では、天候から感じる季節とは別に、二十四節気が基準になる暦の上の季節が重視されます。

5月は、5日ごろの立夏から、暦の上の季節が春から夏へと変わる大きな節目の月。

時候の結び文も初夏のさわやかさを感じさせるものが定番です。

上旬立夏(5月5日ごろ)の前晩春の季節、新緑まぶしい季節、
立夏(5月5日ごろ)以降新緑まぶしい季節、季節の変わり目、
中旬 風薫る五月、青葉繁れる好季節、新緑まぶしい季節、過ごしやすい季節、連休疲れが出る頃、
下旬 軽夏のみぎり、初夏の風も爽やかな季節、梅雨入りも間近、
時候の結び文は、手紙の初めに入れた時候の挨拶文と被らないものを選ぶようにしましょう。

5月の時候の挨拶を使った文例

5月の時候の挨拶

5月上旬(立夏の前まで)に使える文例

ビジネスや公的な手紙

  • 晩春の季節、社員皆々様には一層のご健勝を心よりお祈りいたします。
  • 若々しき木々の葉が生い茂る今日この頃です。社業のさらなるご発展を心よりお祈り申し上げます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 若草萌る好季節、皆様のご多幸をお祈りいたします。

一般的な手紙

  • 花々が咲き誇る季節です。一層のご活躍をお祈りいたしております。

親しい人に出す手紙

  • 暦の上ではもう夏です。次第に暑くなりますが、どうかお体大切に。
  • まもなく連休に入りますので、ぜひお立ち寄りください。

5月上旬(立夏過ぎから)に使える文例

ビジネスや公的な手紙

  • 風薫る爽やかな時節、皆様のご健勝と貴社のご繁栄をお祈り申しあげます。
  • 若々しき木々の葉が生い茂る今日この頃です。社業のさらなるご発展を心よりお祈り申し上げます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 風薫る新緑の中、皆様の益々のご健勝をお祈り申し上げます。
  • 爽やかな初夏のみぎり、皆様方のご無事息災を心よりお祈りいたします。

一般的な手紙

  • 風薫る新緑の中、皆様のますますのご健勝をお祈りいたします。
  • 季節の変わり目ですので、お体を大事になさってください。

親しい人に出す手紙

  • すがすがしい若葉の季節、ぜひこちらにもお出かけください。
  • 木の芽時、体調を崩されないようご用心ください。

5月中旬に使える文例

ビジネスや公的な手紙

  • 風薫る爽やかな時節、貴社のますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。
  • 青葉繁れる好季節、社員皆々様の一層のご健勝を心よりお祈りいたします。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 五月晴れの空のように、皆様のお気持ちが晴れやかでありますようお祈り申し上げます。

一般的な手紙

  • 連休も終わり、風爽やかな季節です。益々のご活躍をお祈りいたします。
  • 木の芽時は体調を崩しやすい季節です。お体をおいといください。

親しい人に出す手紙

  • 庭の花が見ごろです。ぜひ一度お立ち寄りください。
  • 連休疲れが出る頃です。体調を崩されませぬようお気をつけください。

5月下旬に使える文例

ビジネスや公的な手紙

  • 薄暑の折から、貴社のますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。
  • 万緑のみぎり、社員皆々様の一層のご健勝を心よりお祈りいたします。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 梅雨入りも間近なようでございます。ますますのご健勝を祈り上げます。
  • 軽暑のみぎり、どうかご自愛専一に、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。
  • 暑い季節に向かいますゆえ、お体をおいといくださいませ。

一般的な手紙

  • 梅雨入りも間近となってまいりました。お体にはくれぐれもお気をつけください。
  • 薄暑の折から、健康にご留意なさってください。

親しい人に出す手紙

  • 初夏の風も爽やかな頃、心穏やかにお過ごしください。
  • 暑い季節に向かいます。健康にはくれぐれもご留意ください。
手紙の初めに「ご健勝のことと存じます」など、お相手の健康を確信するような挨拶を入れている場合、
結び文で、「ご健勝をお祈りします」というように同じ表現を使うことも避けたほうが良いですよ。
タイトルとURLをコピーしました