5月の時候の挨拶と上旬、中旬、下旬ごとの文例

スポンサーリンク

手紙の始めに欠かせないものの一つが時候の挨拶です。

時候の挨拶は、簡単に言ってしまうと季節感を伝える言葉の数々ですが、同時に手紙の相手を思いやる気持ちを表す重要な部分です。

そんな大切な役割のある時候の挨拶は、ちょっとした季節や暦の変化によって使える時期が決められているため、同じ5月でも上旬には使えても下旬には使えないということも多くあるのです。

5月に使える時候の挨拶と文例を上旬・中旬・下旬の時期に分けて詳しくご紹介していきます。

よく使われる5月の時候の挨拶

5月の時候の挨拶
暑くもなく寒くもない気候の5月は、一年を通じても過ごしやすい時期ですね。

そして、時候の挨拶で重要になる暦の上の季節でも、5月は初夏にあたります。

きらめく日ざし、木々の緑、さわやかな風と、まさに5月は初夏と呼ぶにふさわしい季節です。

手紙に入れる時候の挨拶でも、5月のきらきらとしたイメージが伝わる表現を心がけたいところ。

暦の季節は二十四節気によって決められているのですが、暦の上で夏が始まる立夏が5月5日ごろのため

  • 立夏の前の終わり(晩春)
  • 立夏の後の始め(初夏)

と季節が分かれます。

手紙を書く上で、暦の季節は時候の挨拶を決める重要なポイントになりますので、ここはしっかりおさえておいてくださいね。

5月上旬の時候の挨拶

月の1日から10日を上旬もしくは初旬と呼びますが、5月上旬は5日ごろの立夏を境に季節が春から夏へと変わります。

5月上旬の気候を表現した時候の挨拶もありますが、暦に由来する時候の挨拶は立夏までしか使えないものと立夏を過ぎてからしか使えないものに分かれます。

では、どんな時候の挨拶があるのか詳しく見ていきましょう。

立夏(5月5日ごろ)の前日までの時候の挨拶

5月の初めは、初夏を思わせるお天気であっても、暦の上では春の終わり。そのため、春を惜しむ意味のある時候の挨拶が定番です。

5月初めならではの時候の挨拶となるのが、茶摘み歌で知られる八十八夜から「新茶のおいしい季節になりましたね」という意味の「新茶の候」です。

漢語調の挨拶 季春の候、惜春の候、晩春の候、老春の候、暮春の候、残春の候、新茶の候など
やわらかい挨拶 行く春が惜しまれる今日この頃、過ぎ行く春が惜しまれるこの頃ですが、など

立夏(5月5日ごろ)から使える時候の挨拶

立夏を過ぎると、名実ともに季節は初夏に入りますので、初夏の時候の挨拶がメインとなります。

漢語調の挨拶 立夏の候、新茶の候、余花の候、青葉の候、新緑の候、若葉の候、葉桜の候、薫風の候、緑風の候、など
やわらかい挨拶 暦の上では夏となりましたが、新緑の鮮やかな季節、風薫る五月、など
親しい人に当てる手紙には、形式にこだわることなく、
ゴールデンウィークやこどもの日、鯉のぼり、菖蒲湯などの
5月上旬の行事や風物詩を時候の挨拶に織り込むといいですよ。

5月中旬の時候の挨拶

5月の中旬は、山や木々の緑の美しさ吹く風のさわやかさを表現する時候の挨拶が中心です。

また徐々に気温も上がって汗ばむような陽気となる日も出てきます。

そうした初夏の陽気を意味する時候の挨拶は5月中旬から下旬にかけてが、使える時期です。

漢語調の挨拶 立夏の候、青葉の候、新緑の候、若葉の候、葉桜の候、薫風の候、緑風の候、初夏の候、孟夏の候、首夏の候、軽夏の候、軽暑の候、微暑の候、藤花の候、万緑の候、など
やわらかい挨拶 緑照りはえる時節、すがすがしい五月を迎え、初夏の日ざしが木々にきらめく季節となりました、など
親しい人に当てる手紙には、形式にこだわることなく、
母の日、カーネーション、初がつおなどの
5月上旬の行事や花・旬の食べ物を時候の挨拶に織り込むといいですよ。

5月下旬の時候の挨拶

5月の中旬と下旬は、一貫して暦の上の初夏ですので、ほとんどの時候の挨拶が共通して使えます。

唯一、「小満の候」は5月19日ごろの始まる小満に使うものですので、5月中旬には使えません。

漢語調の挨拶 薫風の候、緑風の候、初夏の候、孟夏の候、首夏の候、軽夏の候、軽暑の候、微暑の候、藤花の候、万緑の候、小満の候、薄暑の候、など
やわらかい挨拶 まだが五月だというのに、日中は汗ばむほどの陽気です、暑からず寒からずの好季節も過ぎようとしていますが、など
では、ここまでご紹介した時候の挨拶を使った文例をこの後にご紹介していきますね。

5月の時候の挨拶を使った文例


時候の挨拶を選ぶうえで、季節や暦にあっているかどうかというポイントの他に、手紙の相手や用途も重要なポイントになってきます。

一般に、ビジネスや公的な文書には、漢語調の「~の候」を使うというルールがあります。

また格式の高い「~の候」は、目上の方に対する改まった手紙でもよく使われる時候の挨拶です。

堅苦しい印象ですが、型が決まっているので、型さえわかれば安心して使えるのがメリットですね。

次に一般的な手紙の場合は、漢語調まで格式張らない、定形的な時候の挨拶を使ったほうが、やわらかい印象の手紙になります。

最後に友人や親しい人に出す手紙は、定形的な表現から離れて、季節のイベントや風物詩など、自由に織り込んでOKです。

では、順番に文例をご紹介していきましょう。

5月上旬(立夏の前まで)に使える文例

5月初め

ビジネスや公的な手紙

  • 季春の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 惜春の候、貴社におかれましては、いよいよご隆盛の由、心からお喜び申し上げます。
  • 晩春の候、貴社におかれましては、ますますご繁栄の段、慶賀の至りに存じます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 老春の候、○○様にはいよいよご活躍のこととお慶び申し上げます。
  • 暮春の候、皆様におかれましては一段とご健勝のことと拝察いたしております。
  • 残春の候、ご家族の皆様にはますますご壮健のことと存じます。

一般的な手紙

  • 過ぎ去る春を惜しみつつ、初夏の気配に心弾む今日この頃、お元気でお過ごしのことと存じます。
  • 気づけば桜の時期も過ぎ、つつじが美しい季節となりました。皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。
  • 過ぎ行く春に寂しさを感じつつも夏が待たれる頃となりました。ご家族の皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。

親しい人に出す手紙

  • 過ぎ行く春が惜しまれるこの頃ですが、いかがお過ごしですか。
  • 花の盛りも過ぎて、春から初夏へと風の香りも変わろうとしています。お変わりございませんか。
  • 桜は散ってしまいましたが、タンポポやつつじが目を楽しませてくれますね。お元気でいらっしゃいますか。

5月上旬(立夏過ぎから)に使える文例

鯉のぼり

ビジネスや公的な手紙

  • 立夏の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 若葉の候、貴社におかれましては、いよいよご繁栄の由、心からお喜び申し上げます。
  • 新茶の候、貴社におかれましては、ますますご発展の段、大慶に存じ上げます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 新緑の候、○○様におかれましては一段とご活躍のこととお慶び申し上げます。
  • 余花の候、皆様にはますますご健勝のことと拝察いたしております。
  • 葉桜の候、御一同様におかれましてはいよいよご清祥のことと存じます。

一般的な手紙

  • 立夏を過ぎ、さわやかな風の中にも初夏の香りが感じられるようになりました。○○様には、ますますお元気のことと承り、何よりと存じます。
  • 青葉繁れる好季節を迎え、皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。
  • 若葉の緑が目にも鮮やかなこの頃、ご一同様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。

親しい人に出す手紙

  • 新茶のすがすがしい香りに心も洗われる季節ですね。その後、お変わりありませんか。
  • 五月の空に鯉のぼりが勢いよくひるがえる季節となりました。お元気でいらっしゃいますか。
  • 暦の上ではもう夏となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

5月中旬に使える文例

母の日

ビジネスや公的な手紙

  • 初夏の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 青葉の候、貴社におかれましては、ますますご発展の段、大慶に存じ上げます。
  • 薫風の候、貴社におかれましては、いよいよご隆盛の由、心からお喜び申し上げます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 軽夏の候、○○様には一段とご壮健のことと拝察いたしております。
  • 軽暑の候、皆様におかれましてはますますご活躍のことと存じます。
  • 微暑の候、御一同様にはいよいよご健勝のこととお慶び申し上げます。

一般的な手紙

  • 花の盛りも過ぎ、若葉の萌える頃となりました。皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。
  • 初夏の風が心地よい季節をむかえ、皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。
  • まだ五月も半ばというのに、日中は汗ばむほどになってきました。皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。

親しい人に出す手紙

  • 花屋の店先には色取りどりのカーネーションが並ぶ頃となりました。ご家族の皆様もお元気ですか。
  • 五月晴れの気持ちの良い季節となりましたが、ゴールデンウィークはご家族で楽しく過ごされましたか。
  • 緑照り映える時節、お元気でご活躍とのこと、なによりと存じます。

5月下旬に使える文例

5月下旬

ビジネスや公的な手紙

  • 小満の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 藤花の候、貴社におかれましては、いよいよご繁栄の由、心からお喜び申し上げます。
  • 万緑の候、貴社におかれましては、ますますご発展の段、大慶に存じ上げます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 孟夏の候、○○様には一段とご清祥のことと拝察いたしております。
  • 薄暑の候、皆様におかれましてはますますご壮健のことと存じます。
  • 首夏の候、御一同様にはいよいよご活躍のこととお慶び申し上げます。

一般的な手紙

  • 黄金色に輝く麦の穂を揺らす風が心地よい今日この頃、皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。
  • 初夏の日ざしが木々にきらめく季節となりました。皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。
  • ひと雨ごとに木々の緑が濃くなる今日この頃、ご家族の皆様もお元気でお過ごしのことと拝察いたします。

親しい人に出す手紙

  • 「目には青葉山ほととぎす初鰹」の好季節、お変わりありませんか。
  • 藤の花が風に揺れて辺り一面に甘い香りを漂わせるようになりました。ご無沙汰してしまいましたが、お元気ですか。
  • 日中は、汗ばむほどの陽気に半そでで過ごすことも多くなりました。ご家族の皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。
5月の空のようにさわやかな明るい手紙が書けるといいですね。
タイトルとURLをコピーしました