お中元の送り状~基本のマナーと例文(ビジネス、上司、親戚、先生宛て)

スポンサーリンク

日ごろ、お世話になっている方へ贈るお中元

本来は、贈る先へ直接お伺いしてお渡しするものでしたが、現在ではデパートからの配送や宅配でお届けすることが一般的になりました。

お中元をもってお伺できない代わりに、お中元に添える、もしくは贈り物より先に届くように出すのが送り状です。

お中元の送り状の基本のマナーと、お中元を贈るお相手別の例文をご紹介いたします。

お中元の送り状の基本のマナー

まず、送り状を送るタイミングですが、品物に添えて一緒に届くように送るか、送り状がお中元よりも先に届くように送らなければなりません。

お中元は上司や両親のように目上の人たちに贈るものですので、送り状も手紙の基本の構成を守り、時候のご挨拶はじめ、あらたまった表現を使います。

さらに、

  • 日ごろの感謝の気持ちやお世話になったことのお礼
  • 品物の内容や到着予定日(生鮮食品を贈った場合は必須)

を伝える内容にします。

品物については、具体的な内容を書かなくても「心ばかりの品」「ささやかなもの」としてもOKです。(以前は、「つまらないもの」「粗末な品」とへりくだる表現が、よく使われましたが、近ごろは好まれなくなっています。)

ここまでが、お中元の送り状の基本的なマナーです。続いて、お中元の送り状の例文をご紹介していきます。

お中元の送り状の例文

ビジネスで使える例文

送り状をお中元と別で送る場合

拝啓 盛夏の候、貴社におかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は格別のお引き立てにあずかり、厚くお礼申し上げます。
さて、本日は日頃のご厚誼へのお礼として、心ばかりの品を別便にてお送りいたしました。〇月〇日ごろに届く予定ですので、どうぞお納めください。
今後ともご高配を賜りますよう、よろしくお願いいたします。暑さ厳しき折、皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます。

敬具
上記の文例をダウンロードできるはがきサイズのWord文書をご用意しましたので、必要に応じてご活用ください。
お中元送り状ビジネス用
送り状をお中元と一緒に送る場合

拝啓 小暑の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素よりご高配にあずかり厚くお礼申し上げます。
さて、本日は夏のご挨拶として粗菓一折をお送りいたしました。社員の皆様でお召し上がりいただければ幸いです。
引き続き変わらぬご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。

敬具

上司宛ての例文

送り状をお中元と別で送る場合

拝啓 猛暑の候、○○様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。日頃は公私にわたりご指導いただき心よりお礼申し上げます。
つきましては、お中元のしるしとして別便にて季節の品をお送りいたしましたので、どうぞお納めください。
何かと至らぬ点ばかりですが、今後ともご指導のほどよろしくお願い申し上げます。
向暑のみぎり、どうぞご自愛くださいませ。

敬具
送り状をお中元と一緒に送る場合

拝啓 暑さ厳しき折ですが○○様にはお変わりなくご健勝のこととお喜び申し上げます。日頃は主人が公私にわたりお世話になり心よりお礼申し上げます。
さて、本日感謝の気持ちをお中元に品に託しお送りいたしました。どうかお納めください。
本来ならば、直接お伺いしてご挨拶もうしあげるべきところではございますが、略儀ながら書中にてご挨拶を申し上げます。
今後ともご指導のほどよろしくお願い申し上げます。
暑さはこれから厳しくなってまいります。どうぞご自愛くださいませ。

敬具

親類宛ての例文

両親に送る場合

拝啓 炎暑ことのほか厳しい今日この頃、お父様、お母さまには変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか。おかげさまで、こちらは家族一同元気に暮らしております。
さて、夏のご挨拶として缶ビールセットをお送りいたしました。暑い夜の晩酌に楽しんでいただければ幸いです。
お盆には家族そろってお邪魔しますのでお目にかかれることを楽しみにしております。時節柄、お身体を大切にお過ごしくださいませ。

敬具
親戚に送る場合

拝啓 暑さも厳しさを増して参りましたが、皆様にはお元気でお過ごしのことと存じます。おかげさまで当方もつつがなく暮らしております。
さて、心ばかりではございますが、当地の特産品を別便にてお送りいたしました。お口に合うかどうかわかりませんが、ご笑納ください。
暑さはこれからが本番となります。体調を崩されませぬようご自愛専一にお過ごしください。

敬具

先生・恩師宛ての例文

送り状をお中元と別で送る場合

拝啓 向暑の候、○○先生にはその後もお変わりなくお過ごしのことと存じます。在学中には、厳しくも温かいご指導をいただいたことが昨日のように思い出されます。
さて、本日別便にて先生がお好きな水蜜桃をお送りいたしました。〇月〇日そちらに届く予定ですので、どうかお納めください。
なかなかお目にかかる機会がありませんが、またお会いできることを楽しみにしております。
ますます暑さが募りますので、くれぐれもご自愛くださいますよう、お祈り申し上げます。

敬具
お中元を贈る時期については、下記のサイトが参考になりますよ。
タイトルとURLをコピーしました