9月の時候の挨拶と上旬、中旬、下旬ごとの文例

スポンサーリンク

手紙の始めに欠かせないものの一つが時候の挨拶です。

時候の挨拶は、簡単に言ってしまうと季節感を伝える言葉の数々ですが、同時に手紙の相手を思いやる気持ちを表す重要な部分です。

そんな大切な役割のある時候の挨拶は、ちょっとした季節や暦の変化によって使える時期が決められているため、同じ9月でも上旬には使えても下旬には使えないということも多くあるのです。

9月に使える時候の挨拶と文例を上旬・中旬・下旬の時期に分けて詳しくご紹介していきます。

よく使われる9月の時候の挨拶

9月の時候の挨拶
9月は、季節が夏から秋へと確実に歩みを進める月です。

とはいえ、9月に入ったばかりの時期は日中の残暑も厳しく、夏の疲れが出る頃です。

9月の手紙では、前半は、残暑へのお見舞いと、そろそろ出てくる夏の疲れや体調を気づかう挨拶、後半は、ようやく過ごしやすい秋の訪れを喜ぶ挨拶が定番です。

その年の気候によって、早く涼しくなることもあれば、残暑がなかなか去らないこともありますし、台風の影響も心配されるところ。

また、手紙に使う時候の挨拶は、二十四節気による暦の上の季節の変化も重要なポイントです。

9月は、7日ごろの白露の前後で、秋の初めと秋の半ばへと暦の季節が変わります。

  • 白露の前の初め(初秋)
  • 白露の後の半ば(仲秋)

暦の季節と天候が一致することはまれなのですが、まだ日中は暑いのに暦の上では秋となる8月から9月のずれが最も大きいといえます。

そのため、9月は、暦の季節感もおさえつつ、季節の進み具合を見ながら時候の挨拶を選ばなければならない月です。

9月上旬の時候の挨拶

月の10日までを上旬もしく初旬と呼びますが、9月7日ごろの白露の前後で、秋の初め(初秋)と秋の半ば(仲秋)と、季節が少し移り変わります。

9月上旬の気候を表現した時候の挨拶もありますが、暦に由来する時候の挨拶は白露の前日までしか使えないものと、白露を過ぎてから使えるものに分かれます。

では、どんな時候の挨拶があるのか詳しく見ていきましょう。

白露(9月7日ごろ)の前日までの時候の挨拶

9月は白露の前日までは、暦の上では初秋(秋の初め)です。

日中はまだ夏の日ざしながら、朝晩は過ごしやすく、虫の音も聞かれるようになります。

時候の挨拶も、日中の残暑へのお見舞いと、少しずつ漂い出す秋の気配を喜ぶ挨拶が中心です。

漢語調の挨拶 初秋の候、新秋の候、孟秋の候、早秋の候、新涼の候、処暑の候、向秋の候、新秋快適の候、涼風の候、野分の候、台風の候、台風一過の候、清涼の候、秋気の候、爽涼の候、など
やわらかい挨拶 なお厳しい残暑が続いておりますが、空の雲もいつしか秋めいて、朝夕に秋の気配が感じられる頃、など

白露(9月7日ごろ)から使える時候の挨拶

白露を過ぎると、暦の上の季節は秋の半ば(仲秋)に入ります。

徐々に日中の気温も下がり始め、空もかなり秋めいてきます。

そして、9月上旬は、昔から台風の厄災日として知られる二百十日と二百二十日にあたります。

秋の涼しさを喜ぶ挨拶と、台風シーズンについての挨拶が中心になります。

漢語調の挨拶 向秋の候、新秋快適の候、涼風の候、野分の候、台風の候、台風一過の候、清涼の候、秋気の候、爽涼の候、重陽の候、白露の候、仲秋の候、など
やわらかい挨拶 残暑もようやく和らぎましたが、空の雲もいつしか秋めいて、二百十日もことなく過ぎ、など
親しい方への手紙なら、新学期の開始、台風、秋の虫(鈴虫、マツムシ)など、
9月上旬の自然や風物詩を織り込むと季節感のある挨拶になりますよ。

9月中旬の時候の挨拶

9月も中旬になると、季節はかなり秋らしくなってきます。朝晩は、窓を開けていると半そででは肌寒いという地域も出てきますね。

この時期は、その年の天候や地域によって、かなり季節感が変わります。

そのあたりを考慮しながら、時候の挨拶を選ぶようにしましょう。

漢語調の挨拶 涼風の候、清涼の候、秋気の候、爽涼の候、重陽の候、白露の候、仲秋の候、秋涼の候、早秋の候、秋霖の候、初露の候、など
やわらかい挨拶 涼風立ってしのぎやすいこの頃、さわやかな秋風が吹く季節、秋風が心地よい時節、など
親しい人に当てる手紙には、
敬老の日、秋の七草、赤とんぼ、十五夜など
この時期ならではの風物詩を織り込むといいですよ。

9月下旬の時候の挨拶

9月の中旬と下旬は、暦の季節は秋の半ばと変化しませんが、実際の季節は、ぐっと秋へと変わる時期です。

そのため、9月下旬は、すっかり涼しくなったことを喜ぶ挨拶が増えてきます。

漢語調の挨拶 仲秋の候、秋涼の候、早秋の候、秋霖の候、初露の候、秋分の候、秋冷の候、秋色の候、良夜の候、秋雨の候、秋月の候、秋晴の候、秋冷爽快の候、など
やわらかい挨拶 朝夕はめっきり涼しく、豊かな実りの季節、すっかり秋らしくなりました、など
急に涼しくなって風邪を引いていませんかと気づかう挨拶も出てきますよ。

では、ここまでご紹介した時候の挨拶を使った文例をこの後にご紹介していきますね。

9月の時候の挨拶を使った文例

桔梗
時候の挨拶を選ぶうえで、季節や暦にあっているかどうかというポイントの他に、手紙の相手や用途も重要なポイントになってきます。

一般に、ビジネスや公的な文書には、漢語調の「~の候」を使うというルールがあります。

また格式の高い「~の候」は、目上の方に対する改まった手紙でもよく使われる時候の挨拶です。

堅苦しい印象ですが、型が決まっているので、型さえわかれば安心して使えるのがメリットですね。

次に一般的な手紙の場合は、漢語調まで格式張らない、定形的な時候の挨拶を使ったほうが、やわらかい印象の手紙になります。

最後に友人や親しい人に出す手紙は、定形的な表現から離れて、季節のイベントや風物詩など、自由に織り込んでOKです。

では、順番に文例をご紹介していきましょう。

9月上旬(白露の前まで)に使える文例

ビジネスや公的な手紙

  • 初秋の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 新秋の候、貴社におかれましては、いよいよご隆盛の由、心からお喜び申し上げます。
  • 初涼の候、貴社におかれましては、ますますご繁栄の段、慶賀の至りに存じます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 孟秋の候、○○様におかれましては一段とご清祥のこととお慶び申し上げます。
  • 新涼の候、皆様にはますますご壮健のことと拝察いたしております。
  • 早秋の候、御一同様におかれましてはいよいよご活躍のことと存じます。

一般的な手紙

  • 九月に入りましてもなお厳しい残暑が続いておりますが、皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。
  • 新秋の涼が心地よい今日この頃、○○様には、ますますお元気のことと承り、何よりと存じます。
  • 秋の気配が空の青さにうっすらと現れる頃となりました。皆様お変わりなくお過ごしのことと存じます。
  • 夜空に秋の気配を感じる頃、お元気でご活躍とのこと、なによりと存じます。

親しい人に出す手紙

  • 朝夕に秋の気配が感じられるようになりましたね。皆様にはお変わりなくお元気でしょうか。
  • 夕暮れに吹く風の涼しさに、夏の終わりを感じる今日この頃です。お元気でいらっしゃいますか。
  • 長かった夏休みも終わり、ようやくホッと一息ついております。そちらは、いかがお過ごしですか。

9月上旬(白露過ぎから)に使える文例

秋の青空

ビジネスや公的な手紙

  • 白露の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 涼風の候、貴社におかれましては、いよいよご繁栄の由、心からお喜び申し上げます。
  • 清涼の候、貴社におかれましては、ますますご発展の段、大慶に存じ上げます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 重陽の候、○○様にはますますご活躍のことと拝察いたしております。
  • 新秋快適の候、皆様におかれましてはいよいよご健勝のことと存じます。
  • 爽涼の候、御一同様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

一般的な手紙

  • 二百十日もことなく過ぎ、穏やかに秋が深まってまいりました。ご家族の皆様もお元気でお過ごしのことと拝察いたします。
  • 白露とはいえ、まだ日差しの強い毎日です。皆様、お元気にお過ごしでしょうか。
  • 新秋快適の折から、ご健勝にてお暮らしのこととお喜び申し上げます。、新秋快適の折から、ご健勝にてお暮らしのこととお喜び申し上げます。
  • 残暑もようやく和らぎましたが、皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます

親しい人に出す手紙

  • 空の雲もいつしか秋めいて、季節の移り変わりを感じております。ご無沙汰しておりますがお元気ですか。
  • 白露を過ぎ、朝夕に秋の気配を感じる頃となりました。皆様におかれましてはいかがお過ごしでいらっしゃいますか。

9月中旬に使える文例

彼岸花

ビジネスや公的な手紙

  • 秋気の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 仲秋の候、貴社におかれましては、いよいよご発展の由、心からお喜び申し上げます。
  • 秋涼の候、貴社におかれましては、ますますご隆盛の段、大慶の至りに存じます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 秋霖の候、皆様にはますますご壮健のことと存じます。
  • 爽秋の候、○○様におかれましては一段とご清祥のことと拝察いたしております。
  • 初露の候、御一同様におかれましてはいよいよご活躍のこととお慶び申し上げます。

一般的な手紙

  • 一陣の涼風に秋の訪れを感じる頃となりました。○○様には、ますますお元気のことと承り、何よりと存じます。
  • 二百十日も過ぎ、今年もいよいよ実りの秋を迎える頃となりました。皆様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。
  • 涼風立ってしのぎやすいこの頃、皆様つつがなくお過ごしのことと存じます。、涼風立ってしのぎやすいこの頃、皆様つつがなくお過ごしのことと存じます。
  • さわやかな秋風が吹く季節、皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。

親しい人に出す手紙

  • 今年は大きな台風もなく、胸をなでおろしております。皆様、お元気にお過ごしでしょうか。
  • 秋風が心地よい時節となりました。ご家族の皆様、お元気でいらっしゃいますか。
  • 秋様前線が停滞し、うっとうしい雨の日が続いています。お風邪など召されていませんか。
  • 秋の気配も次第に濃くなり、穏やかな好季節となってきました。皆様お変わりございませんか。

9月下旬に使える文例

コスモス

ビジネスや公的な手紙

  • 秋分の候、貴社におかれましては、いよいよご繁栄の由、心からお喜び申し上げます。
  • 秋冷の候、貴社におかれましては、ますますご隆盛の段、大慶の至りに存じます。
  • 良夜の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 秋雨の候、○○様にはますますご活躍のことと拝察いたしております。
  • 秋晴の候、皆様におかれましてはいよいよご健勝のことと存じます。
  • 秋冷爽快の候、御一同様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

一般的な手紙

  • コスモスが秋風に揺れる頃となりましたが、皆様もお変わりなくお過ごしのことと思います。
  • 野の草に露が降りる頃となりました。皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。
  • 風に揺れるすすきに風情を感じる今日この頃、ご家族の皆様もお元気でお過ごしのことと拝察いたします。

親しい人に出す手紙

  • 「天高く馬肥ゆる秋」、豊かな実りの季節ですね。ご無沙汰してしまいましたが、お元気ですか。
  • 「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもので、すっかり秋らしくなりましたね。その後、お変わりありませんか。
  • 夜空にくっきりと月が輝く十五夜が待たれる頃となりました。皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。
  • 朝夕はめっきり涼しく過ごしやすくなりましたが、お風邪など召されていませんか。
秋の訪れを喜ぶ気持ちが伝わる手紙が書けるといいですね。
タイトルとURLをコピーしました