6月の手紙の結びと上旬、中旬、下旬ごとの文例

スポンサーリンク

手紙の締めの部分は、結び文と呼ばれていて、終わりの挨拶の役割があります。

  • 相手の健康や幸福を祈る
  • 今後の愛顧をお願いする

といった内容を時候の結び文と共に書き添えると、より礼儀正しい手紙に。

送る相手や内容に適した簡潔な結び文で、好印象を残せる手紙にしましょう。

では、6月に使える時候の結び文上旬・中旬・下旬の時期に分けてご紹介していきます。

よく使われる6月の時候の結び文

紫陽花
手紙では、天候から感じる季節とは別に、二十四節気を基準とした暦の上の季節が重視されます。

6月の二十四節気は、月の初めの5日ごろに田植えの季節である芒種(ぼうしゅ)、下旬の21日ごろに昼が一年で最も長い夏至(げし)。

暦の上の季節も芒種から夏至にかけては、暦の上では夏の半ば(仲夏)。芒種に入る前は夏の初め(初夏)に分かれます。

上旬芒種(6月5日ごろ)の前さわやかな初夏のみぎり、梅雨入りも間近、
芒種(6月5日ごろ)以降梅雨入り前、田の緑が茂るように、
中旬 長雨の季節、梅雨寒の時節、天候不順の折、
下旬 梅雨明けも間近、蒸し暑い日が続きますが、日増しに暑くなっていきますが、
時候の結び文は、手紙の初めに入れた時候の挨拶文と被らないものを選ぶようにしましょう。

6月の時候の挨拶を使った文例

五月雨

6月上旬(芒種の前まで)に使える文例

ビジネスや公的な手紙

  • 若々しき木々の葉が生い茂るこの頃、貴社の更なるご発展を心よりお祈り申し上げます。
  • 薄暑の折から、貴社のますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 梅雨入りも間近なようでございます。ますますのご健勝を祈り上げます。
  • 爽やかな初夏のみぎり、皆様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

一般的な手紙

  • 梅雨入りも間近となってまいりました。お体にはくれぐれもお気をつけください。
  • みずみずしい若葉のように、どうぞお健やかに過ごされますようお祈りしております。

親しい人に出す手紙

  • 梅雨入りのニュースが聞かれる頃です。くれぐれもご自愛くださいませ。

6月上旬(芒種過ぎから)に使える文例

ビジネスや公的な手紙

  • 田の緑が日に日に茂るがごとく、貴社の更なるご発展を心よりお祈り申し上げます。
  • 梅雨入りを控え、皆様のますますのご健勝と貴社のご繁栄をお祈り申しあげます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 梅雨入り前でございます。どうかご自愛専一に、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。

一般的な手紙

  • 長雨の季節でもありますので、体調を崩さないようお気をつけください。
  • 梅雨で気持ちも晴れない日が続きますが、ご自愛のほどお願い申し上げます。

親しい人に出す手紙

  • 雨ばかりの毎日ですが、せめて気持ちだけでも爽やかに参りましょう。
  • 我が家の近くの公園の紫陽花も見頃を迎えています。よろしければお運びください。

6月中旬に使える文例

ビジネスや公的な手紙

  • 長雨の時節柄、貴社のますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。
  • 天候不順のみぎり、社員皆々様には一層のご健勝を心よりお祈りいたします。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 梅雨寒の時節柄、お身体を崩されませぬよう、どうかご自愛専一にお過ごしください。

一般的な手紙

  • 長雨の折、くれぐれもご自愛下さい。
  • 梅雨空に心もふさいでしまいそうですが、なにとぞ、お心軽やかにお過ごしください。

親しい人に出す手紙

  • 梅雨空が続きますが、健康には十分ご留意ください。
  • 梅雨冷えの肌寒い日もありますが、風邪など引かれませんようにご自愛ください。

6月下旬に使える文例

ビジネスや公的な手紙

  • 向暑の折から、貴社のますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。
  • 蒸し暑い日が続きます。本格的な夏をひかえて、くれぐれもご自愛くださいますよう、祈り上げます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 梅雨明けが待ち遠しい今日この頃ですが、どうぞお健やかにお過ごしください。
  • 蒸し暑い日が続いておりますが、益々ご健康でご活躍のほどお祈りいたします。

一般的な手紙

  • 梅雨の晴れ間の青空に夏らしさを覚える昨今、どうぞお健やかにお過ごしください。
  • 梅雨明けが遅れているようですが、どうぞお元気でお過ごしください。

親しい人に出す手紙

  • 梅雨明けも間近、どうぞお元気お過ごしください。
  • 日ごとに暑くなってきておりますが、くれぐれもお身体を大切になさってください。
手紙の初めに「ご健勝のことと存じます」など、お相手の健康を確信するような挨拶を入れている場合、
結び文で、「ご健勝をお祈りします」というように同じ表現を使うことも避けたほうが良いですよ。
タイトルとURLをコピーしました