6月の時候の挨拶と上旬、中旬、下旬ごとの文例

スポンサーリンク

手紙の始めに欠かせないものの一つが時候の挨拶です。

時候の挨拶は、簡単に言ってしまうと季節感を伝える言葉の数々ですが、同時に手紙の相手を思いやる気持ちを表す重要な部分です。

そんな大切な役割のある時候の挨拶は、ちょっとした季節や暦の変化によって使える時期が決められているため、同じ6月でも上旬には使えても下旬には使えないということも多くあるのです。

6月に使える時候の挨拶と文例を上旬・中旬・下旬の時期に分けて詳しくご紹介していきます。

よく使われる6月の時候の挨拶

6月の時候の挨拶
6月は、なにをさておき梅雨の季節ですね。

6月の初めこそ、梅雨入り前で、初夏のさわやかさを感じられますが、梅雨入り後は湿度も高くスッキリとしない空模様が続きます。

そんな6月の手紙では、「過ごしづらい梅雨を元気にお過ごしですか」といった時候の挨拶が定番となってきます。

梅雨という季節は、確かに快適とはいえませんが、雨や紫陽花の風情や、たまの晴れ間に梅雨明けを待つ気持ちなど、手紙に明るい印象を残せる時候の挨拶を工夫したいものです。

また、手紙の時候の挨拶は、二十四節気による暦の上の季節を守るというルールがあります。

6月は、ひと月を通じて夏の季節ですが、5日ごろの芒種を境に初夏と仲夏(夏の半ば)に分かれます。

  • 芒種の前の初め(初夏)
  • 芒種の後の半ば(仲夏)

暦の季節は、手紙を書く上で、時候の挨拶を決める重要なポイントになりますので、ここはしっかりおさえておいてくださいね。

6月上旬の時候の挨拶

月の1日から10日を上旬もしくは初旬と呼びますが、6月上旬は5日ごろの芒種の前後初夏夏の半ば(仲夏)と、季節が少し移り変わります。

6月上旬の気候を表現した時候の挨拶もありますが、暦に由来する時候の挨拶は芒種の前日までしか使えないものと芒種を過ぎないと使えないものに分かれます。

では、どんな時候の挨拶があるのか詳しく見ていきましょう。

芒種(6月5日ごろ)の前日までの時候の挨拶

6月は芒種の前日までは、暦の上では初夏です。

実際、梅雨入り前で過ごしやすいも終わる頃ですね。

6月初めならではの時候の挨拶となるのが、麦の収穫期を迎えたことをあらわす「麦秋の候」です。

麦秋の候が使える期間は大変短いです。それだけに、季節感をストレートに伝えることができる表現ですので積極的に使いたい時候の挨拶の一つです。

漢語調の挨拶 小満の候、薄暑の候、初夏の候、孟夏の候、首夏の候、麦秋の候、など
やわらかい挨拶 暑からず寒からずの好季節も過ぎようとしていますが、黄金色の麦の穂が収穫を待つ頃、など

芒種(6月5日ごろ)から使える時候の挨拶

芒種を過ぎると、季節は少し進み、夏の半ばに入ります。

6月の初めが、麦の収穫期なら、この時期は田植えの時期です。

こちらも芒種に入って6月の半ばごろまでしか使えませんので、季節感が伝わる時候の挨拶として覚えておきたい一つです。

漢語調の挨拶 芒種の候、早乙女の候、田植えの候、入梅の候、深緑の候、など
やわらかい挨拶 水の張られた田に若苗が並ぶ季節、青田を渡る風も心地よく、など
親しい人に当てる手紙には、形式にこだわることなく、
衣替え、カエルの鳴き声、紫陽花などの
6月上旬の風物詩を時候の挨拶に織り込むといいですよ。

6月中旬の時候の挨拶

6月の中旬は、多くの地域で梅雨入りしますので、梅雨に関する挨拶が一気に増えてきます。

漢語調の挨拶 梅雨に関する挨拶
入梅の候、梅雨の候、梅夏の候、梅雨晴れの候、梅雨寒の候、空梅雨の候、梅雨空の候、長雨の候、霖雨の候、五月雨の候、など
それ以外の挨拶
田植えの候、深緑の候、黄梅の候、桜桃の候、仲夏の候、短夜の候、など
やわらかい挨拶 梅雨の季節を迎え、梅雨の貴重な青空がうれしい今日この頃、長雨の季節となりました、など
親しい人に当てる手紙には、形式にこだわることなく、
父の日、若鮎、鮎釣り、紫陽花、くちなしの花、かたつむり、などの
6月上旬の行事や花・旬の食べ物を時候の挨拶に織り込むといいですよ。

6月下旬の時候の挨拶

6月の中旬と下旬は、暦の季節では夏の半ば、気象的には梅雨の真っただ中と、大きな変化がありません。

そのため、6月中旬と下旬は多くの時候の挨拶が共通しています。

梅雨明け間近の夏に向かう気候と、夏至に関するものは6月下旬に使う時候の挨拶です。

漢語調の挨拶 深緑の候、桜桃の候、梅雨の候、梅夏の候、梅雨晴れの候、梅雨寒の候、梅雨空の候、長雨の候、空梅雨の候、霖雨の候、五月雨の候、仲夏の候、短夜の候、夏至の候、向暑の候、向夏の候、小夏の候、など
やわらかい挨拶 梅雨も終わりに近づき夏の日ざしが待たれる今日この頃、夏至を迎え日が長くなりました、夏の気配が感じられる今日この頃、など
では、ここまでご紹介した時候の挨拶を使った文例をこの後にご紹介していきますね。

6月の時候の挨拶を使った文例

青田
時候の挨拶を選ぶうえで、季節や暦にあっているかどうかというポイントの他に、手紙の相手や用途も重要なポイントになってきます。

一般に、ビジネスや公的な文書には、漢語調の「~の候」を使うというルールがあります。

また格式の高い「~の候」は、目上の方に対する改まった手紙でもよく使われる時候の挨拶です。

堅苦しい印象ですが、型が決まっているので、型さえわかれば安心して使えるのがメリットですね。

次に一般的な手紙の場合は、漢語調まで格式張らない、定形的な時候の挨拶を使ったほうが、やわらかい印象の手紙になります。

最後に友人や親しい人に出す手紙は、定形的な表現から離れて、季節のイベントや風物詩など、自由に織り込んでOKです。

では、順番に文例をご紹介していきましょう。

6月上旬(芒種の前まで)に使える文例

衣替え

ビジネスや公的な手紙

  • 小満の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 薄暑の候、貴社におかれましては、いよいよご隆盛の由、心からお喜び申し上げます。
  • 初夏の候、貴社におかれましては、ますますご繁栄の段、慶賀の至りに存じます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 孟夏の候、○○様にはいよいよご健勝のこととお慶び申し上げます。
  • 首夏の候、皆々様におかれましては一段とご清祥のことと拝察いたしております。
  • 麦秋の候、ますますご活躍のことと存じます。

一般的な手紙

  • 黄金色の麦の穂が収穫を待つ頃となりました。皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。
  • 暑からず寒からずの好季節も過ぎようとしていますが、○○様には、ますますお元気のことと承り、何よりと存じます。

親しい人に出す手紙

  • 色とりどりの花が咲き揃う季節となりました。お変わりありませんか。
  • 早くも汗ばむ陽気に日中は半そでで過ごせる季節になりましたね。すっかりごぶさたしてしまいましたが、お元気ですか。
  • 紫陽花の花が咲き始め、梅雨が近いことが感じられるようになりました。○○さんには、いかがお過ごしですか。

6月上旬(芒種に入ってから)に使える文例

田植え

ビジネスや公的な手紙

  • 芒種の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 早乙女の候、貴社におかれましては、いよいよご発展の由、心からお喜び申し上げます。
  • 田植えの候、貴社におかれましては、ますますご隆盛の段、大慶の至りに存じます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 入梅の候、○○様にはいよいよご活躍のことと拝察いたしております。
  • 深緑の候、皆々様におかれましては一段とご健勝のことと存じます。

一般的な手紙

  • 水の張られた田に若苗が整然と並ぶ季節となりました。皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。
  • 入梅を控えて不安定な空模様が続いておりますが、○○様には、ますますお元気のことと承り、何よりと存じます。
  • 青田を渡る風も心地よく、ご家族の皆様もお元気でお過ごしのことと拝察いたします。
  • 清流に若鮎の躍る季節となりました。皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。

親しい人に出す手紙

  • 衣替えとなり半そで姿の人を多く見かけるようになりました。ご家族の皆様にはお変わりありませんか。
  • くちなしの甘い香りにうっとりする季節が来ましたね。その後、いかがお過ごしですか。
  • 早くも汗ばむ陽気に日中は半そでで過ごせる季節になりましたね。すっかりごぶさたしてしまいましたが、お元気ですか。
  • 梅雨に入り洗濯物が乾かない季節となってしまいました。皆様、お変わりありませんか。

6月中旬に使える文例

梅雨入り

ビジネスや公的な手紙

  • 黄梅の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 梅雨の候、貴社におかれましては、いよいよご繁栄の由、心からお喜び申し上げます。
  • 桜桃の候、貴社におかれましては、ますますご繁栄の段、慶賀の至りに存じます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 梅夏の候、○○様にはいよいよご清祥のことと存じます。
  • 梅雨晴れの候、皆々様におかれましては一段とご壮健のこととお慶び申し上げます。
  • 梅雨寒の候、ご家族の皆様にはますますご健勝のことと拝察いたしております。

一般的な手紙

  • 梅雨の季節を迎え、紫陽花の花が色づく頃となりました。皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。
  • 梅雨の貴重な青空がうれしい今日この頃、皆様にはご健勝のことと存じます。
  • 町に傘の花咲く長雨の季節となりました。ご一同様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。

親しい人に出す手紙

  • さくらんぼの美味しい季節となりました。ご家族の皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。
  • どんよりとした梅雨空に気分も滅入りがちですが、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。
  • 梅雨空にも負けず梅の実が色づき始めました。皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。

6月下旬に使える文例

五月雨

ビジネスや公的な手紙

  • 空梅雨の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 霖雨の候、貴社におかれましては、ますますご繁栄の段、慶賀の至りに存じます。
  • 仲夏の候、貴社におかれましては、ますますご繁栄の段、慶賀の至りに存じます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 夏至の候、○○様にはいよいよご壮健のことと存じます。
  • 向暑の候、皆々様におかれましては一段とご活躍のこととお慶び申し上げます。
  • 小夏の候、ご家族の皆様にはますますご清祥のことと拝察いたしております。

一般的な手紙

  • 梅雨の晴れ間に立ちのぼる雲に夏の訪れを感じる頃となりました。皆様ご健勝のこととお喜び申し上げます。
  • 梅雨寒ながら、夏の気配が感じられる今日この頃、皆様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。
  • 梅雨も終わりに近づき夏の日ざしが待たれる今日この頃、皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。

親しい人に出す手紙

  • 連日の雨もひと休み、今日は久しぶりの青空です。お元気でご活躍とのこと、なによりと存じます。
  • 夏至を迎え、日が長くなりましたね。その後、お変わりありませんか。
  • 今年も半分が過ぎようとしていますね。時の流れの速さに焦りを覚える今日この頃ですが、いかがお過ごしですか。
梅雨のうっとうしさが消え去るような手紙が書けるといいですね。
タイトルとURLをコピーしました