10月の手紙の結びと上旬、中旬、下旬ごとの文例

スポンサーリンク

手紙の締めの部分は、結び文と呼ばれていて、終わりの挨拶の役割があります。

  • 相手の健康や幸福を祈る
  • 今後の愛顧をお願いする

といった内容を時候の結び文と共に書き添えると、より礼儀正しい手紙に。

送る相手や内容に適した簡潔な結び文で、好印象を残せる手紙にしましょう。

では、10月に使える時候の結び文を上旬・中旬・下旬の時期に分けてご紹介していきます。

よく使われる10月の時候の結び文

10月結び文
10月は、上旬8日ごろの寒露(かんろ)までは、暦の上では秋の半ば(仲秋)ですが、寒露を過ぎると秋の終わり(晩秋)へと季節が変わります。

手紙では、通常、二十四節気を基準とした暦の上の季節が重視されますが、10月に関しては少し事情が異なります。

10月は、まさに秋そのものといえる気候が続くため、暦の季節に関係なく10月全般を通じて秋のさわやかさや美しさを表した時候の結びが主流です。

そのため、晩秋を思わせる表現は、10月も下旬にようやく使われだすイメージです。

上旬 実りの秋を迎え、さわやかな秋晴れの時節、過ごしやすい季節になりましたが、など
中旬 秋たけなわの折、灯火親しむ季節、あでやかな錦秋の季節、など
下旬 日増しに秋が深まる折、菊の香り漂う時節、だんだんと冷え込んで参りました、など
時候の結び文は、手紙の初めに入れた時候の挨拶文と被らないものを選ぶようにしましょう。

10月の時候の挨拶を使った文例

10月上旬に使える文例

ビジネスや公的な手紙

  • 実りの秋を迎え、社業のさらないご発展を心よりお祈り申し上げます。
  • さわやかな秋晴れの時節、皆様のますますのご健勝と貴社のご繁栄をお祈り申しあげます。
  • 爽秋の折、引き続きご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 澄み切った秋空のように、皆様のお気持ちが爽快でありますよう、心からお祈り申し上げます。
  • 秋晴が心地よい季節、皆様のご健康とご多幸をお祈りいたしております。
  • 秋雨の折、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。

一般的な手紙

  • 日ごとに秋の装いが整います時節、どうぞお健やかにお過ごしくださいますようお願い申し上げます。
  • 過ごしやすい季節になりましたが、無理をなさらないようお気をつけください。
  • お身体にご留意なさって、実り多い秋を満喫されますよう、お祈りいたします。

親しい人に出す手紙

  • 実りの多い秋になるようお祈りしております。
  • さわやかな秋晴れの下、ますますお元気でご活躍ください。
  • 秋らしい心地よい季節です。この素敵な時期を満喫いたしましょう。

10月中旬に使える文例

ビジネスや公的な手紙

  • 秋たけなわの折、貴社のますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。
  • 天高く馬肥ゆる秋、皆様のますますのご健勝と貴社のご繁栄をお祈り申しあげます。
  • 錦秋の候、社員皆々様には一層のご健勝を心よりお祈りいたします。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 秋たけなわの好季節、ご健康に留意され、ますますご活躍されますことを心よりお祈り申し上げます。
  • 皆様お元気で、深まる秋を満喫されますことをお祈り申し上げます。
  • 灯火親しむ季節、体調を崩し立ちなさいませぬよう、御身おいといください。

一般的な手紙

  • 季節の変わり目です。お元気にお過ごしくださいますようお祈りいたします。
  • あでやかな錦秋の季節をどうかお健やかにお過ごしください。
  • 過ごしやすい季節とはいえ、くれぐれもご無理をなさらないようお気をつけください。

親しい人に出す手紙

  • 行楽に、読書に、スポーツに、すばらしい季節でございます。どうか実り多い秋を過ごされますよう。
  • ご家族の皆様お元気で味覚の秋、行楽の秋をお楽しみください。
  • 灯火親しむ秋ですが、夜更かしが過ぎないよう気をつけてくださいね。

10月下旬に使える文例

ビジネスや公的な手紙

  • 紅葉の折、貴社の更なるご発展を心よりお祈り申し上げます。
  • 日増しに秋が深まる折、貴社のますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。
  • 菊の香り漂う時節、貴社の更なるご発展を心よりお祈り申し上げます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • たわわな秋の実りのように、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。
  • 心も静まる好季節、日毎に寒くなりますが、風邪など引かれませんようご自愛専一にてお過ごしください。
  • 秋冷が加わります折、何卒お身体おいといくださいますようお願い申し上げます。

一般的な手紙

  • 錦秋の折から、皆様のご多幸をお祈り申し上げます。
  • だんだんと冷え込んで参りましたので、お風邪など召されませぬよう十分お気をつけください。
  • これから朝夕冷えてまいりますので、お体にはくれぐれもお気をつけください。
  • 秋の深まりとともに寒さが増してまいります。どうぞお体にお気をつけください。

親しい人に出す手紙

  • 朝晩日毎に冷え込んできました。体調を崩されませんよう、温かくしてお休みください。
  • 外はすっかり秋の装いです。美しい季節を穏やかにお過ごしくださいませ。
  • 寒暖の差が激しい頃です。お互い体調を崩さないようにしたいですね。
手紙の初めに「ご健勝のことと存じます」など、お相手の健康を確信するような挨拶を入れている場合、
結び文で、「ご健勝をお祈りします」というように同じ表現を使うことも避けたほうが良いですよ。
タイトルとURLをコピーしました