10月の時候の挨拶と上旬、中旬、下旬ごとの文例

スポンサーリンク

手紙の始めに欠かせないものの一つが時候の挨拶です。

時候の挨拶は、簡単に言ってしまうと季節感を伝える言葉の数々ですが、同時に手紙の相手を思いやる気持ちを表す重要な部分です。

そんな大切な役割のある時候の挨拶は、ちょっとした季節や暦の変化によって使える時期が決められているため、同じ10月でも上旬には使えても下旬には使えないということも多くあるのです。

10月に使える時候の挨拶と文例を上旬・中旬・下旬の時期に分けて詳しくご紹介していきます。

よく使われる10月の時候の挨拶

10月の時候の挨拶
10月は、まさに秋の季節を満喫できる月です。

秋ならではの高く晴れる空やお月見。そして、忘れてはいけないのは日本列島を染め上げる紅葉の美しさです。

10月の手紙は、月を通して秋という季節と楽しむ・称える挨拶が定番です。

そんな中、10月は7日ごろの寒露を境に、暦の上の季節が秋の半ば(仲秋)から秋の終わり(晩秋)へと移り変わります。

  • 寒露の前の半ば(仲秋)
  • 寒露の後の終わり(晩秋)

特に10月下旬は、暦の上の立冬を11月初めに控えていますので、秋の終わりを意識した挨拶が増えます。

10月上旬の時候の挨拶

月の10日までを上旬もしく初旬と呼びますが、10月8日ごろの寒露の前後で、秋の半ば(仲秋)と秋の終わり(晩秋)と、暦の上の季節が少し変化します。

10月上旬の気候を表現した時候の挨拶もありますが、暦に由来する時候の挨拶は寒露の前日までしか使えないものと、寒露を過ぎてから使えるものに分かれます。

では、どんな時候の挨拶があるのか詳しく見ていきましょう。

寒露(10月8日ごろ)の前日までの時候の挨拶

10月は寒露の前日までは、暦の上では仲秋(秋の半ば)です。

ですが、実際のところは、ようやく本格的な秋に入ったばかりの時期といったところですね。

そのため、仲秋までしか使えない時候の挨拶は少なく、10月上旬であれば使えるというものが主流です。

漢語調の挨拶仲秋の候秋分の候秋涼の候、爽秋の候、秋霖の候、初露の候、秋晴の候、秋冷の候、良夜の候、秋月の候、秋冷快適の候、長夜の候、夜長の候、灯火親しむの候、秋たけなわの候、秋色の候、秋天の候、秋容の候、清秋の候、金風の候、など
*赤字だけが使う時期が寒露までと限定されます
やわらかい挨拶 十月を迎え、いよいよ気候も秋めいてまいりました、朝夕に秋の気配が感じられるようになりました、など

寒露(10月8日ごろ)以降に使える時候の挨拶

寒露を過ぎると、暦の上の季節は秋の終わり(晩秋)に入ります。

ただ、10月は秋そのものともいえる月です。そのため、暦の季節を基準とする挨拶よりも、秋の気候を表現する挨拶の方が一般的となります。

漢語調の挨拶 寒露の候、初雁の候、爽秋の候、秋霖の候、初露の候、秋晴の候、秋冷の候、良夜の候、秋月の候、秋冷快適の候、長夜の候、夜長の候、灯火親しむの候、秋たけなわの候、秋色の候、秋天の候、秋容の候、清秋の候、金風の候、など
やわらかい挨拶 朝夕はめっきり涼しくなりました、秋晴れの心地よい季節となり、さわやかな秋晴れの日が続く今日この頃、など
10月上旬の時候の挨拶は、暦の季節とは関係がないものが多いですね。
その分、実際の気候にあった挨拶を選ぶ必要が出てきます。

10月中旬の時候の挨拶

10月の中旬は、秋雨の時期も終わり、さわやかな秋晴れに日本列島がおおわれる時期です。

また、そろそろ北からは紅葉の便りもちらほらと届き始めます。

ぜひ時候の挨拶でも、秋の心地よさや美しさを思い思いに表現してみましょう。

漢語調の挨拶 長夜の候、夜長の候、灯火親しむの候、秋たけなわの候、秋色の候、秋天の候、秋容の候、清秋の候、金風の候、秋麗の候、秋霜の候、秋寒の候、錦秋の候、錦繍の候、錦綾なすの候、紅葉の候、黄葉の候、など
やわらかい挨拶 灯火親しむ秋の頃、紅葉の便りが北から徐々に聞こえる今日この頃、など
「天高く馬肥ゆる秋」といった慣用句も活用してみてくださいね。

10月下旬の時候の挨拶

10月の下旬は、中旬と同じく、暦の季節は秋の終わりに当たりますが、秋の深まりをいっそう感じられる時期です。

と同時に、朝晩は冷え込む日も出てきます。

そのため、10月下旬は、秋の季節を称える挨拶と共に、晩秋の寒さに体調を気づかう挨拶が増えてきます。

漢語調の挨拶 秋たけなわの候、秋色の候、秋天の候、秋容の候、清秋の候、金風の候、秋麗の候、秋霜の候、秋寒の候、錦秋の候、錦繍の候、錦綾なすの候、紅葉の候、黄葉の候、うそ寒の候、霜降の候、秋されの候、季秋の候、晩秋の候、残秋の候、深秋の候、暮秋の候、菊花の候、菊薫る候、菊花薫る候、時雨の候、朝寒の候、肌寒の候、冷気の候、など
やわらかい挨拶 うららかな菊日和、吹く風にも秋色の濃さを感じる頃、朝夕はめっきり冷え込むようになりましたが、など
10月は、使える時期が旬をまたぐ時候の挨拶が多かったですね。

では、ここまでご紹介した時候の挨拶を使った文例をこの後にご紹介していきますね。

10月の時候の挨拶を使った文例

松ぼっくり
時候の挨拶を選ぶうえで、季節や暦にあっているかどうかというポイントの他に、手紙の相手や用途も重要なポイントになってきます。

一般に、ビジネスや公的な文書には、漢語調の「~の候」を使うというルールがあります。

また格式の高い「~の候」は、目上の方に対する改まった手紙でもよく使われる時候の挨拶です。

堅苦しい印象ですが、型が決まっているので、型さえわかれば安心して使えるのがメリットですね。

次に一般的な手紙の場合は、漢語調まで格式張らない、定形的な時候の挨拶を使ったほうが、やわらかい印象の手紙になります。

最後に友人や親しい人に出す手紙は、定形的な表現から離れて、季節のイベントや風物詩など、自由に織り込んでOKです。

では、順番に文例をご紹介していきましょう。

10月上旬(寒露の前まで)に使える文例

稲穂

ビジネスや公的な手紙

  • 秋分の候、貴社におかれましては、いよいよご繁栄の由、心からお喜び申し上げます。
  • 秋涼の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 爽秋の候、貴社におかれましては、ますますご発展の段、大慶に存じ上げます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 仲秋の候、○○様には一段とご健勝のことと拝察いたしております。
  • 初露の候、皆様におかれましてはますますご清祥のことと存じます。
  • 良夜の候、御一同様にはいよいよご壮健のこととお慶び申し上げます。

一般的な手紙

  • 十月を迎え、いよいよ気候も秋めいてまいりました。皆様におかれましては、お元気でお過ごしのことと拝察いたします。
  • 涼やかな秋空の下、お健やかにお過ごしのことと思います。
  • 高く澄み渡る空がさわやかな季節となりましたが、皆様におかれましては健やかにお過ごしのことと存じます。

親しい人に出す手紙

  • うららかな秋晴れの日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
  • 柿の実が鮮やかに色づく頃となりました。皆様、お変わりありませんか。
  • 朝夕に秋の気配が感じられるようになりましたね。皆様にはお変わりなくお元気でしょうか。

10月上旬(寒露過ぎから)に使える文例

コスモス

ビジネスや公的な手紙

  • 秋天の候、貴社におかれましては、いよいよご発展の由、心からお喜び申し上げます。
  • 秋晴の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 秋冷の候、貴社におかれましては、ますますご隆盛の段、大慶の至りに存じます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 長夜の候、○○様には一段とご清祥のこととお慶び申し上げます。
  • 秋月の候、皆様におかれましてはますますご壮健のことと拝察いたしております。
  • 清秋の候、御一同様にはいよいよご活躍のことと存じます。

一般的な手紙

  • 雲一つなく晴れ上がり、何をするにも心地よい季節です。お元気でご活躍とのこと、なによりと存じます。
  • 朝夕はめっきり涼しくなりましたが、ご家族の皆様には、お変わりなく何よりと存じます。
  • 秋晴れの心地よい季節となり、○○様におかれてはご健勝のこととお慶び申し上げます

親しい人に出す手紙

  • さわやかな秋晴れの日が続く今日この頃、皆様お変わりありませんか。
  • 寒露も過ぎ、日ごとに秋冷が増してまいりましたが、お健やかにお過ごしでしょうか。
  • 稲田は黄金色に波打ち、まさに収穫の秋となりました。お元気でいらっしゃいますか。

10月中旬に使える文例

紅葉

ビジネスや公的な手紙

  • 寒露の候、貴社におかれましては、いよいよご隆盛の由、心からお喜び申し上げます。
  • 秋麗の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 錦秋の候、貴社におかれましては、ますますご繁栄の段、慶賀の至りに存じます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 灯火親しむ候、○○様にはいよいよご健勝のこととお慶び申し上げます。
  • 秋冷爽快の候、ますますご活躍のことと存じます。
  • 秋霜の候、皆々様におかれましては一段とご清祥のことと拝察いたしております。

一般的な手紙

  • 紅葉の便りが北から徐々に聞こえる今日この頃、いよいよご壮健にてご活躍の段、慶賀の至りに存じます。
  • 灯火親しむ秋の頃となりました。皆様におかれましてはご健勝のこととお慶び申し上げます。
  • 天高く馬肥ゆる秋、皆様におかれましてはますますご壮健のこととお喜び申し上げます。

親しい人に出す手紙

  • しと降る秋雨に物寂しさを感じる今日この頃、ご家族の皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。
  • 日増しに秋の深まりを感じる季節となりましたが、いかがお過ごしですか。
  • 秋たけなわの頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

10月下旬に使える文例

柿

ビジネスや公的な手紙

  • 紅葉の候、貴社におかれましては、いよいよご発展の由、心からお喜び申し上げます。
  • 朝寒の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 秋色の候、貴社におかれましては、ますますご繁栄の段、慶賀の至りに存じます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 菊薫る候、○○様にはますますご活躍のこととお慶び申し上げます。
  • 錦綾なす候、皆々様におかれましてはいよいよご健勝のことと拝察いたしております。
  • 深秋の候、御一同様にはますますご清祥のことと存じます。

一般的な手紙

  • 木々が織りなす錦繍が山を染め上げる今日この頃、皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。
  • 寒さも次第につのり、吹く風にも秋色の濃さを感じる頃となりました。ご家族の皆様もお元気でお過ごしのことと拝察いたします。
  • 銀杏の葉も黄金色に色づく頃となりました。皆様におかれましては、お元気でお過ごしのことと拝察いたします。
  • 暦の上では霜降となり、冷え込む朝も増えてまいりましたが、ご健康にてお暮らしでしょうか。

親しい人に出す手紙

  • うららかな菊日和が続いております。ご家族の皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。
  • 朝夕はめっきり冷え込むようになりましたが、お変わりございませんか。
  • 暦の上では霜降となりましたが、皆様、お風邪などめしていらっしゃいませんか。
  • 秋も深まり吹く風に冷たさを感じる頃となりました。○○様には、ますますお元気のことと承り、何よりと存じます。
実りの秋、読書の秋と、秋の豊かさをぜひ時候の挨拶でも表現してみてくださいね。
タイトルとURLをコピーしました