8月の手紙の結びと上旬、中旬、下旬ごとの文例

スポンサーリンク

手紙の締めの部分は、結び文と呼ばれていて、終わりの挨拶の役割があります。

  • 相手の健康や幸福を祈る
  • 今後の愛顧をお願いする

といった内容を時候の結び文と共に書き添えると、より礼儀正しい手紙に。

送る相手や内容に適した簡潔な結び文で、好印象を残せる手紙にしましょう。

では、8月に使える時候の結び文を上旬・中旬・下旬の時期に分けてご紹介していきます。

よく使われる8月の時候の結び文

ひまわり
手紙では、天候から感じる季節とは別に、暦の上の季節が重視されます。

8月は7日ごろに立秋(りっしゅう)を迎え、暦の上の季節は早くもに突入します。

実際の季節と暦の季節は、だいたいズレがあるのですが、まだまだ暑いのに秋と言われて一番ズレを感じさせられる頃です。

ただ8月も半ばを過ぎると、朝夕に秋の気配が少しずつ漂い出します。

8月の上旬・中旬は、残暑の厳しさへの気づかい、下旬からは、涼しくなって夏の疲れが出ることへの気づかいが、よく使われる結びの挨拶です。

上旬立秋(8月7日ごろ)の前暑さも今が峠、夏の盛りですが、など
立秋(8月7日ごろ)以降残暑なお厳しき折、暦の上では秋ですが厳しい暑さが続きます、など
中旬 残暑しのびがたき毎日ですが、残暑厳しき折、朝夕涼味を覚える頃、など
下旬 秋の気配を感じる頃、朝晩涼しくなり、など
時候の結び文は、手紙の初めに入れた時候の挨拶文と被らないものを選ぶようにしましょう。

8月の時候の挨拶を使った文例

朝顔

8月上旬(立秋の前日まで)に使える文例

ビジネスや公的な手紙

  • 晩夏の折、貴社のますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。
  • 暮夏の折、引き続きご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます

目上の方に出すような改まった手紙

  • 八月に入り、なお一層厳しい暑さとなりました。くれぐれもご無理をなさらぬようご自愛くださいませ。
  • 今年は例年にない猛暑ですので、お体をおいといくださいませ。
  • 晩夏の折、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。

一般的な手紙

  • 炎熱の夏の盛りですが、お元気でこの夏を乗り切られますよう、お祈りいたします。
  • 連日の炎暑でお疲れを出されませんよう、くれぐれもご用心ください。
  • 暑さも今が峠です。どうぞおからだを大切にお過ごしください。

親しい人に出す手紙

  • 厳しい暑さも今が峠です。お元気で夏を乗り切って下さい。
  • 連日の炎暑でお疲れではありませんか。くれぐれも無理をなさらずにお体を休めてくださいね。

8月上旬(立秋から)に使える文例

ビジネスや公的な手紙

  • 立秋の候、末筆ながら貴社益々のご発展をお祈り致します。
  • 土用明けの暑さ一段と厳しい折、ご愛顧賜れば幸甚の至りに存じます

目上の方に出すような改まった手紙

  • 残暑しのぎがたき毎日ですが、皆様方のご健勝を心よりお祈り申し上げます
  • 盛夏のお疲れが出やすい時節です。くれぐれもお自愛くださいませ。

一般的な手紙

  • 残暑なお厳しき折柄、皆様におかれましては、くれぐれもご自愛下さい。
  • 立秋とは名ばかりの暑さが続いております。くれぐれもご自愛くださいませ。
  • 土用明けの暑さはことのほかですが、体調を崩されませぬようご自愛ください。

親しい人に出す手紙

  • 立秋に入ったとはいえ厳しい暑さが続きます。お体にはお気をつけてお過ごしください。
  • 暦の上では秋ですが、まだまだ暑い毎日です。夏バテなどなさいませんように。
  • まだまだ暑さが厳しいので体調をくずされませんようお元気でお過ごしください。

8月中旬に使える文例

ビジネスや公的な手紙

  • 朝夕涼味を覚える頃、ご支援、ご厚情を賜りますよう宜しくお願いいたします
  • 残暑厳しき折、社員皆々様には一層のご健勝を心よりお祈りいたします。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 残暑厳しき折、皆様方のご息災を心よりお祈りいたします。
  • 暦の上では秋とはいえ、当分は厳しい残暑が続きそうですので、ご自愛専一にてお過ごしくださいませ。
  • 残暑しのぎがたき毎日ですが、皆様方のご健勝を心よりお祈り申し上げます

一般的な手紙

  • 立秋を過ぎたとはいえ、暑さはいましばらく続きます。ご自愛専一に。
  • 今年の残暑はことのほか厳しく、くれぐれもお体をおいといください。
  • 秋の到来を心待ちに、まずは残暑のお伺いまで申し上げました。

親しい人に出す手紙

  • 猛暑のお疲れが出るころです。くれぐれも油断なさいませんように。
  • ようやく熱帯夜も途切れましたが、夏の疲れが出る頃です。どうぞお体大切になさってください。
  • 残暑に負けず、充実した夏休みをお過ごしください。

8月下旬に使える文例

ビジネスや公的な手紙

  • 向秋のみぎり、皆様のますますのご健勝と貴社のご繁栄をお祈り申しあげます。
  • 秋が待たれる折、貴社のますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。
  • 残炎の折柄、なにとぞお体をおいといください。

目上の方に出すような改まった手紙

  • ご多忙な毎日とは存じますが、実り多き秋を迎えられますようお祈りいたします。
  • 秋の足音を間近に感じる季節、ますますのご活躍をお祈りいたしております。

一般的な手紙

  • 虫の音に、秋の気配を感じる昨今です。皆様ご壮健にて爽やかな秋をお迎えください。
  • 朝晩は涼しくなってまいりました。お風邪など召しませぬようご自愛ください。
  • 夏の疲れがでる頃です。どうかご自愛ください。

親しい人に出す手紙

  • 八月も残りわずかとなりました。お互いに頑張って夏を乗り切りましょう。
  • 秋の足音が聞こえてくる頃です。残り少ない夏を有意義にお過ごしください。
  • 夏の疲れが出やすい時期です。健康にはくれぐれもご留意ください。
手紙の初めに「ご健勝のことと存じます」など、お相手の健康を確信するような挨拶を入れている場合、
結び文で、「ご健勝をお祈りします」というように同じ表現を使うことも避けたほうが良いですよ。
タイトルとURLをコピーしました