8月の時候の挨拶と上旬、中旬、下旬ごとの文例

スポンサーリンク

手紙の始めに欠かせないものの一つが時候の挨拶です。

時候の挨拶は、簡単に言ってしまうと季節感を伝える言葉の数々ですが、同時に手紙の相手を思いやる気持ちを表す重要な部分です。

そんな大切な役割のある時候の挨拶は、ちょっとした季節や暦の変化によって使える時期が決められているため、同じ8月でも上旬には使えても下旬には使えないということも多くあるのです。

8月に使える時候の挨拶と文例を上旬・中旬・下旬の時期に分けて詳しくご紹介していきます。

よく使われる8月の時候の挨拶

8月時候の挨拶top
太陽もぎらぎらと夏真っ盛りの8月

近年、暑さがますます厳しいこともあり体調管理の難しい月ですね。

ですが、8月は7日ごろに立秋があり、暦の上の季節が夏からへと変わります。

  • 立秋の前の終わり(晩夏)
  • 立秋の後の初め(初秋)

手紙の挨拶では、暦の季節が体感する季節より優先されるというルールがあります。そのため、立秋を過ぎると、どんなに暑くても「残暑」となります。

またお盆を過ぎると、朝晩は暑さがやわらぎ、秋の気配が少しずつ感じられるように。

8月の手紙では、
中旬までは「暦の上では秋ですが残暑が厳しいですね
下旬は「暑さもようやくやわらぎ秋が待たれますね
といった時候の挨拶が定番となってきます。

8月上旬の時候の挨拶

月の10日までを上旬もしくは初旬と呼びますが、8月7日ごろの立秋を境に季節が夏から秋へと変わります。

8月上旬の気候を表現した時候の挨拶もありますが、暦に由来する時候の挨拶は立秋の前日までしか使えないものと、立秋過ぎから使えるものに分かれます。

では、どんな時候の挨拶があるのか詳しく見ていきましょう。

立秋(8月7日ごろ)の前日までの時候の挨拶

8月は立秋の前日までは、暦の上では晩夏(夏の終わり)です。

実際には、大変暑く、夏真っ盛りと感じる時期ですね。

時候の挨拶も、(立秋前の)厳しい暑さへのお見舞いが中心です。

漢語調の挨拶 残夏の候、季夏の候、晩夏の候、晩暑の候、暮夏の候、など
やわらかい挨拶 立秋間近と思えない暑さが続いていますが、立秋を前に暑い日が続きますが、など

立秋(8月7日ごろ)から使える時候の挨拶

立秋を過ぎると、季節は秋の初めに入ります。

ですが、まだまだ暑く、秋と言われても全くピンとこない時期です。

引き続き、「厳しく暑いですがお元気ですか」とお相手の健康を気づかう時候の挨拶が中心ですが、暑さを「残暑(秋に残る夏の暑さ)」と表現するように切り替わります。

漢語調の挨拶 立秋の候、残暑の候、残炎の候、など
やわらかい挨拶 残暑しのぎがたき頃、立秋とは名ばかりの残暑、残暑厳しき折、など
親しい方への手紙なら、熱帯夜、蝉の鳴き声、花火、夏祭り、など、
8月上旬の風物詩を織り込むと季節感のある挨拶になりますよ。

8月中旬の時候の挨拶

8月の中旬も引き続き残暑が厳しい時期です。

お盆を過ぎると、不思議なもので朝晩は過ごしやすくなり、早いところなら秋の虫の鳴き声が聞こえだすことも。

残暑が厳しいのか、涼しくなるのが早いのか。

その年の気候や、手紙の宛先の地域によって、時候の挨拶を選ばなければならない時期です。

漢語調の挨拶 立秋の候、残暑の候、残炎の候、秋暑の候、避暑の候、納涼の候、初秋の候、孟秋の候、新秋の候、早秋の候、新涼の候、早涼の候、初涼の候、など
やわらかい挨拶 暑さもようやく峠を越す頃、朝夕に秋の気配を感じる頃、残暑がことのほか厳しいですが、など
親しい人に当てる手紙には、
秋の虫、鈴虫、お盆、つくつくぼうしなど
この時期ならではの風物詩を織り込むといいですよ。

8月下旬の時候の挨拶

8月の中旬と下旬は、暦の季節は秋の初めと変化しませんが、実際の季節が少しずつ秋へと変わることが感じられるようになります。

そのため、8月下旬は、暑さがおさまって涼しくなることを待ち望む挨拶が増えてきます。

漢語調の挨拶 残暑の候、残炎の候、初秋の候、孟秋の候、新秋の候、早秋の候、新涼の候、早涼の候、初涼の候、秋暑の候、処暑の候、涼風の候、向秋の候、など
やわらかい挨拶 朝夕に涼味を覚える頃、秋の気配が漂う頃、など
では、ここまでご紹介した時候の挨拶を使った文例をこの後にご紹介していきますね。

8月の時候の挨拶を使った文例

8月の花
時候の挨拶を選ぶうえで、季節や暦にあっているかどうかというポイントの他に、手紙の相手や用途も重要なポイントになってきます。

一般に、ビジネスや公的な文書には、漢語調の「~の候」を使うというルールがあります。

また格式の高い「~の候」は、目上の方に対する改まった手紙でもよく使われる時候の挨拶です。

堅苦しい印象ですが、型が決まっているので、型さえわかれば安心して使えるのがメリットですね。

次に一般的な手紙の場合は、漢語調まで格式張らない、定形的な時候の挨拶を使ったほうが、やわらかい印象の手紙になります。

最後に友人や親しい人に出す手紙は、定形的な表現から離れて、季節のイベントや風物詩など、自由に織り込んでOKです。

では、順番に文例をご紹介していきましょう。

8月上旬(立秋の前まで)に使える文例

浴衣

ビジネスや公的な手紙

  • 残夏の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 季夏の候、貴社におかれましては、いよいよご隆盛の由、心からお喜び申し上げます。
  • 晩夏の候、貴社におかれましては、ますますご繁栄の段、慶賀の至りに存じます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 残夏の候、○○様におかれましては一段とご活躍のこととお慶び申し上げます。
  • 晩暑の候、皆様にはますますご健勝のことと拝察いたしております。
  • 暮夏の候、御一同様におかれましてはいよいよご清祥のことと存じます。

一般的な手紙

  • 立秋を前にして、まだまだ暑い日が続いておりますが、皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。
  • 八月に入りましても日ざしが衰えを見せぬ今日この頃、皆様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。

親しい人に出す手紙

  • 暦の上で夏の終わりと言われてもピンとこない暑さですね。お変わりありませんか。
  • 立秋間近とは思えぬ暑さが続いていますが、お元気でご活躍とのこと、何よりです。
  • 蝉の鳴き声がいやが上にも暑さをかきたてますが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。

8月上旬(立秋過ぎから)に使える文例

入道雲

ビジネスや公的な手紙

  • 立秋の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 残暑の候、貴社におかれましては、いよいよご繁栄の由、心からお喜び申し上げます。
  • 残炎の候、貴社におかれましては、ますますご発展の段、大慶に存じ上げます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 立秋の候、○○様におかれましては一段とご健勝のことと存じます。
  • 残暑の候、皆様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
  • 残炎の候、御一同様におかれましてはいよいよご壮健のことと拝察いたしております。

一般的な手紙

  • 立秋とは名ばかりの残暑厳しき折、皆様におかれましてはお変わりなくお過ごしのことと存じます。
  • 残暑しのぎがたき頃、ご家族の皆様もお元気でお過ごしのことと拝察いたします。
  • 暦の上では立秋を迎え秋の涼しさが待ち遠しい今日この頃、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

親しい人に出す手紙

  • 暦の上ではもう秋というのに、熱帯夜の寝苦しい日が続いています。ご家族の皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。
  • 立秋を迎えましたが毎日厳しく暑いですね。お元気でいらっしゃいますか。
  • 立秋何するものぞと蝉が元気に鳴いています。皆様、お元気ですか。

8月中旬に使える文例

スイカ

ビジネスや公的な手紙

  • 残暑の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 避暑の候、貴社におかれましては、いよいよご発展の由、心からお喜び申し上げます。
  • 納涼の候、貴社におかれましては、ますますご隆盛の段、大慶の至りに存じます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 早涼の候、○○様におかれましてはいよいよご壮健のことと拝察いたしております。
  • 初秋の候、皆様には一段とご活躍のことと存じます。
  • 秋暑の候、御一同様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

一般的な手紙

  • 夜空に秋の気配を感じる頃、皆様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。
  • 立秋が過ぎ、暑さもようやく峠を越したようですが、

親しい人に出す手紙

  • そろそろ暑さも峠を越す頃、いかがお過ごしでしょうか。
  • 昼はまだまだ暑いですが、朝夕は少ししのぎやすくなりましたね。夏バテされていませんか。
  • 今年は残暑がことのほか厳しいですが、お変わりございませんでしょうか。

8月下旬に使える文例

風鈴

ビジネスや公的な手紙

  • 処暑の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 向秋の候、貴社におかれましては、いよいよご繁栄の由、心からお喜び申し上げます。
  • 早涼の候、貴社におかれましては、ますますご隆盛の段、大慶の至りに存じます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 処暑の候、皆様にはますますご健勝のことと存じます。
  • 初秋の候、皆様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
  • 秋暑の候、皆様にはますますご活躍のことと拝察いたしております。

一般的な手紙

  • 朝夕に涼味覚える頃となりました。皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。
  • 暑さも峠を越しいよいよ夕暮れに秋風が吹く頃となりました。ご一同様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。
  • 秋の気配が空の青さにうっすらと現れる頃となりました。皆様お変わりなくお過ごしのことと存じます。

親しい人に出す手紙

  • お盆を過ぎても蒸し暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。
  • 夕暮れ前の風の涼しさに、夏の終わりを感じる今日この頃です。お元気でいらっしゃいますか。
  • 鈴虫の鳴く音が聞こえてくる時節となりました。ご無沙汰しておりますがお変わりございませんか。
暑さの中にも秋を先取りした手紙が書けるといいですね。
タイトルとURLをコピーしました