7月の手紙の結びと上旬、中旬、下旬ごとの文例

スポンサーリンク

手紙の締めの部分は、結び文と呼ばれていて、終わりの挨拶の役割があります。

  • 相手の健康や幸福を祈る
  • 今後の愛顧をお願いする

といった内容を時候の結び文と共に書き添えると、より礼儀正しい手紙に。

送る相手や内容に適した簡潔な結び文で、好印象を残せる手紙にしましょう。

では、7月に使える時候の結び文を上旬・中旬・下旬の時期に分けてご紹介していきます。

よく使われる7月の時候の結び文

朝顔
手紙では、天候から感じる季節とは別に、二十四節気を基準とする暦の上の季節が重視されます。

7月の二十四節気は、上旬の7日ごろに小暑(しょうしょ)、下旬の21日ごろに大暑(たいしょ)です。

小暑と大暑の約1ヶ月間は、暑中と呼ばれる1年で最も暑い時期であり、暦の上の夏の終わり(晩夏)です。

そのため、小暑からは夏の終わり(晩夏)、小暑の前日までは夏の半ば(仲夏)と、暦の上の季節が分かれます。

上旬小暑(7月7日ごろ)の前梅雨明けも間近、日ごとに暑くなってきておりますが、など
小暑(7月7日ごろ)以降そろそろ梅雨明け、梅雨明けの暑さひとしおでございます、など
中旬 盛夏のみぎり、暑さ厳しき折、これから暑さの本番です、など
下旬 暑さ厳しき折、厳しい暑さが続いております、など
時候の結び文は、手紙の初めに入れた時候の挨拶文と被らないものを選ぶようにしましょう。

7月の時候の挨拶を使った文例

海水浴

7月上旬(小暑の前日まで)に使える文例

ビジネスや公的な手紙

  • 向暑の候、末筆ながら貴社益々のご発展をお祈り致します。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 蒸し暑い日が続いておりますが、益々ご健康でご活躍のほどお祈りいたします。

一般的な手紙

  • 梅雨の晴れ間の青空に夏らしさを覚える昨今、どうぞお健やかにお過ごしください。
  • 梅雨明けが遅れているようですが、どうぞお元気でお過ごしください。

親しい人に出す手紙

  • 梅雨明けも間近、どうぞお元気お過ごしください。
  • 日ごとに暑くなってきておりますが、くれぐれもお身体を大切になさってください。

7月上旬(小暑から)に使える文例

ビジネスや公的な手紙

  • 梅雨も明け本格的な暑さに向かいます。社員皆々様には一層のご健勝を心よりお祈りいたします。

目上の方に出すような改まった手紙

  • ご壮健で盛夏を乗り切られますよう心よりお祈り申し上げます。
  • 時節柄、一層のご自愛をお願い申し上げます。

一般的な手紙

  • 梅雨明けとともに暑さが本格化いたしますので、体調にはくれぐれもお気をつけくださいませ。
  • 梅雨明けの暑さひとしおでございます。何卒ご自愛の上、ご活躍ください。

親しい人に出す手紙

  • そろそろ梅雨も明けます。どうぞ素晴らしい夏を過ごされますよう、お祈りしています。
  • 海山の恋しい季節、元気に夏を満喫してください。

7月中旬に使える文例

ビジネスや公的な手紙

  • 暑さ厳しき折、貴社の更なるご発展を心よりお祈り申し上げます。
  • 盛夏のみぎり、皆様のますますのご健勝と貴社のご繁栄をお祈り申しあげます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • まずは暑中のお見舞いを申し上げます。
  • 皆様おそろいで、ご壮健にてこの夏を乗り切られますようお願い申し上げます。
  • いよいよ激しい暑さに向かいます折り、ご自愛のほどお祈り申し上げます。

一般的な手紙

  • 夏風邪などお召しになりませぬよう、ご自愛くださいませ。
  • 暑熱耐え難き時節、どうかご自愛専一でお過ごしください。
  • 酷暑の折柄、何卒お身体おいといください。

親しい人に出す手紙

  • 今年は例年にない暑さです。外出の際にはお気をつけください。
  • これからが暑さの本番です。お互いに暑さに負けず、夏を乗り切りましょう。
  • 身体にこたえる猛暑が続きますが、夏バテなどされませんように。

7月下旬に使える文例

ビジネスや公的な手紙

  • 炎暑厳しい折、貴社のますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 炎暑焼けるが如しの昨今、皆様方のご無事息災を心よりお祈り申し上げます。
  • 暑さ厳しき折、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。
  • 本格的な夏を迎えました。ご家族の健康をお祈りいたしております。

一般的な手紙

  • 暑さ厳しき折、どうかご自愛専一でお過ごしくださいませ。
  • 厳しい暑さが続いております。くれぐれもご自愛ください。
  • 寝苦しい日々が続いております。お体にはくれぐれもお気をつけください。

親しい人に出す手紙

  • 夏の夜はつい寝不足になりがちです。お身体、大切になさってください。
  • 暑いさなかでございますので、外出の析にはなにかとご注意くださいますように。
  • 暑さで食欲も細りがちですが、お互い元気に夏を乗り切りましょう。
手紙の初めに「ご健勝のことと存じます」など、お相手の健康を確信するような挨拶を入れている場合、
結び文で、「ご健勝をお祈りします」というように同じ表現を使うことも避けたほうが良いですよ。
タイトルとURLをコピーしました