7月の時候の挨拶と上旬、中旬、下旬ごとの文例

スポンサーリンク

手紙の始めに欠かせないものの一つが時候の挨拶です。

時候の挨拶は、簡単に言ってしまうと季節感を伝える言葉の数々ですが、同時に手紙の相手を思いやる気持ちを表す重要な部分です。

そんな大切な役割のある時候の挨拶は、ちょっとした季節や暦の変化によって使える時期が決められているため、同じ7月でも上旬には使えても下旬には使えないということも多くあるのです。

7月に使える時候の挨拶と文例を上旬・中旬・下旬の時期に分けて詳しくご紹介していきます。

よく使われる7月の時候の挨拶

梅雨明けの太陽
7月は、中旬に梅雨が明け、本格的な夏が訪れる月です。

後半からは、子供たちが待ちに待った夏休みも始まり、海や山に出かけるご家族も増えます。

そんな活発で楽しい時期でありつつも、厳しい暑さが体にこたえる月ですね。

7月の手紙では、「厳しい暑さの中、元気にお過ごしですか」といった時候の挨拶が定番となってきます。

また、手紙の時候の挨拶は、二十四節気による暦の上の季節を守るというルールがあります。

7月は、ひと月を通じて夏の季節ですが、7日ごろの小暑からは夏の終わりであると同時に、1年で最も暑い暑中に入ります。

  • 小暑の前の半ば(仲夏)
  • 小暑の後の終わり(晩夏)

暦の季節は、手紙を書く上で、時候の挨拶を決める重要なポイントになりますので、ここはしっかりおさえておいてくださいね。

7月上旬の時候の挨拶

月の10日までを上旬もしくは初旬と呼びますが、7月7日ごろの小暑の前後で夏の半ば(仲夏)と夏の終わり(晩夏)と、季節が少し移り変わります。

7月上旬の気候を表現した時候の挨拶もありますが、暦に由来する時候の挨拶は小暑の前日までしか使えないものと、小暑を過ぎないと使えないものに分かれます。

では、どんな時候の挨拶があるのか詳しく見ていきましょう。

小暑(7月7日ごろ)の前日までの時候の挨拶

7月は小暑の前日までは、暦の上では仲夏(夏の半ば)です。

梅雨明けに向けて、徐々に暑さが増していきますが、まだ太陽の日ざしも弱く夏到来とはなりません。

また、7月7日は七夕です。この時期の季節感を表すのにぴったりな時候の挨拶です。

漢語調の挨拶 夏至の候、向夏の候、向暑の候、小夏の候、梅雨明けの候、星祭の候、七夕の候、など
やわらかい挨拶 梅雨明けが待たれる昨今、梅雨も終わりに近づき、など

小暑(7月7日ごろ)から使える時候の挨拶

小暑を過ぎると、季節は少し進み、夏の終わりに入ります。

また、小暑と大暑をあわせた約1ヶ月は、1年で最も暑い期間・暑中にあたります。

梅雨明けのタイミングに合わせて、時候の挨拶を選ぶ必要のある時期です。

漢語調の挨拶 梅雨明けの候、小暑の候、盛夏の候、盛暑の候、真夏の候、夕立の候、驟雨の候、白雨の候、三伏の候、など
やわらかい挨拶 暦の上で暑中に入り、梅雨明けが待たれる昨今、など
七夕や、海開き、山開きなど、
7月上旬の風物詩を織り込むと季節感のある挨拶になりますよ。

7月中旬の時候の挨拶

7月の中旬は、多くの地域で梅雨明けを迎え、なれない夏の暑さが体にこたえる時期です。

「厳しく暑い時期に入りましたがお元気ですか」という挨拶が定番となります。

漢語調の挨拶 小暑の候、盛夏の候、盛暑の候、真夏の候、夕立の候、驟雨の候、白雨の候、三伏の候、など
やわらかい挨拶 長かった梅雨も明け、梅雨明けとともに真夏の暑さがやってきました、
など
親しい人に当てる手紙には、
夏休みや、蝉の鳴き声、ビアガーデン、スイカなど
この時期ならではの風物詩や食べ物を織り込むといいですよ。

7月下旬の時候の挨拶

7月の中旬と下旬は、暦の上では夏の終わり、気象的には猛暑が続くため、大きな変化はありません。

そのため、7月中旬と下旬は多くの時候の挨拶が共通しています。

漢語調の挨拶 盛夏の候、盛暑の候、真夏の候、三伏の候、大暑の候、酷暑の候、猛暑の候、炎暑の候、厳暑の候、灼熱の候、炎昼の候、極暑の候、炎熱の候、烈暑の候、甚暑の候、など
やわらかい挨拶 炎暑しのぎがたい日々が続いておりますが、うだるような暑さが続いておりますが、など
では、ここまでご紹介した時候の挨拶を使った文例をこの後にご紹介していきますね。

7月の時候の挨拶を使った文例

睡蓮
時候の挨拶を選ぶうえで、季節や暦にあっているかどうかというポイントの他に、手紙の相手や用途も重要なポイントになってきます。

一般に、ビジネスや公的な文書には、漢語調の「~の候」を使うというルールがあります。

また格式の高い「~の候」は、目上の方に対する改まった手紙でもよく使われる時候の挨拶です。

堅苦しい印象ですが、型が決まっているので、型さえわかれば安心して使えるのがメリットですね。

次に一般的な手紙の場合は、漢語調まで格式張らない、定形的な時候の挨拶を使ったほうが、やわらかい印象の手紙になります。

最後に友人や親しい人に出す手紙は、定形的な表現から離れて、季節のイベントや風物詩など、自由に織り込んでOKです。

では、順番に文例をご紹介していきましょう。

7月上旬(立夏の前まで)に使える文例

七夕

ビジネスや公的な手紙

  • 向夏の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 向暑の候、貴社におかれましては、いよいよご隆盛の由、心からお喜び申し上げます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 向暑の候、○○様にはいよいよご壮健のこととお慶び申し上げます。
  • 夏至の候、皆々様におかれましては一段とご活躍のことと拝察いたしております。
  • 小夏の候、ご家族の皆様にはますますご清祥のことと存じます。

一般的な手紙

  • 梅雨の晴れ間に立ちのぼる雲に夏の訪れを感じる頃となりました。皆様ご健勝のこととお喜び申し上げます。
  • 梅雨も終わりに近づき夏の日ざしが待たれる今日この頃、皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。

親しい人に出す手紙

  • 夏至も過ぎて日が長くなりましたね。その後、お変わりありませんか。
  • 色とりどりの七夕飾りに、夏の訪れを感じる頃になりました。ご主人やお子様方には、その後お元気ですか。
  • 梅雨の晴れ間にのぞく太陽は、すでに夏のような強い日ざしですね。

7月上旬(立夏過ぎから)に使える文例

風鈴

ビジネスや公的な手紙

  • 小暑の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 梅雨明けの候、貴社におかれましては、いよいよご発展の由、心からお喜び申し上げます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 小暑の候、○○様には一段とご活躍のこととお慶び申し上げます。
  • 星祭の候、皆々様におかれましてはますますご清祥のことと拝察いたしております。
  • 梅雨明けの候、御一同様にはいよいよご健勝のことと存じます。

一般的な手紙

  • 暦の上では暑中に入りましたが、本格的な暑さはまだ少し先のようです。ご家族の皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。
  • 梅雨明けの暑さがひとしおに感じるころとなりました。ご家族の皆様もお元気でお過ごしのことと拝察いたします。
  • 海開き、山開きの時期を迎え、いよいよ本格的な夏の到来となりました。皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。

親しい人に出す手紙

  • 小暑を迎え、いよいよ夏らしい日差しになってきました。お変わりございませんか。
  • 梅雨明けが待たれる昨今、ご一同様にはお変わりなくお過ごしでしょうか。

7月中旬に使える文例

海水浴

ビジネスや公的な手紙

  • 盛夏の候、貴社におかれましては、ますますご隆盛の段、大慶の至りに存じます。
  • 盛暑の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 驟雨の候、貴社におかれましては、いよいよご発展の由、心からお喜び申し上げます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 真夏の候、○○様におかれましてはいよいよご活躍のことと存じます。
  • 夕立の候、皆様には一段とご健勝のこととお慶び申し上げます。
  • 盛暑の候、御一同様におかれましてはますますご清祥のことと拝察いたしております。
  • 長かった梅雨も明け、青空がひときわ爽快に感じられる今日この頃、○○様には、ますますお元気のことと承り、何よりと存じます。

一般的な手紙

  • 梅雨が明けたとたんに真夏の暑さがやってまいりました。お元気でご活躍とのこと、なによりと存じます。
  • 夕立の後の涼風が心地よい今日この頃、○○様には、ますますお元気のことと承り、何よりと存じます。
  • 土用の入りとなり、日ごとに暑さが増してきましたが、皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。

親しい人に出す手紙

  • もうすぐ夏休み、子どもの昼ごはんの支度に忙しい時期に入りますね。お元気ですか。
  • 夏はまだ始まったばかりだというのに、うだるようなこの暑さに早くも夏バテ気味です。ご無沙汰してしまいましたが、お元気でしょうか。
  • 暑さ本番、生ビールが美味しい季節がやってきましたね。ご家族の皆様もその後お元気ですか。

7月下旬に使える文例

朝顔

ビジネスや公的な手紙

  • 大暑の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 酷暑の候、貴社におかれましては、ますますご発展の段、大慶に存じ上げます。
  • 炎暑の候、貴社におかれましては、ますますご隆盛の段、大慶の至りに存じます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 猛暑の候、○○様におかれましてはますますご健勝のことと拝察いたしております。
  • 盛夏の候、皆様にはいよいよご清祥のことと存じます。
  • 炎熱の候、ご家族の皆様におかれましてはますますご壮健のこととお慶び申し上げます。

一般的な手紙

  • 大暑を迎え、暑さもいっそう厳しくなってまいりました。ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
  • 容赦ない夏の日ざしが降り注ぐ頃となりました。皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。
  • 炎暑しのぎがたい日々が続いておりますが、お元気でご活躍とのこと、なによりと存じます。
  • うだるような暑さが続いておりますが、ご一同様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。

親しい人に出す手紙

  • 垣根の朝顔も咲き始め、いよいよ夏本番。皆様いかがお過ごしでしょうか。
  • 夏休みに入り、子どもたちが元気に遊ぶ声が聞こえるようになりました。皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。
  • 炎天下にひまわりの花がたくましく咲いています。ご一同様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。
暑さを元気に乗り切れるような手紙が書けるといいですね。
タイトルとURLをコピーしました