炎昼の候が使える時期~意味・読み方・お役立ち文例

スポンサーリンク

炎昼(えんちゅう)とは、真昼の焼けるように暑い昼下がりのことです。

「炎昼の候」は、”日中の暑さがひときわ厳しい頃ですね”という挨拶になります。

7月中旬から8月上旬の立秋の前日までが手紙に使える期間です。

炎昼の候の読み方、意味、使える時期

炎昼の候

読み方えんちゅうのこう
意味真夏の暑い昼下がりのことです。
”日中の暑さがひときわ厳しい頃ですね”という挨拶です。
炎昼の候」は、暦の上の夏の終わりの時候の挨拶です。
使える時期7月下旬から立秋の前日(8月6日ごろ)まで
7月下旬8月上旬
立秋(8月7日ごろ)からは暦の上では秋に入ります。どんなに暑くても立秋過ぎると使えなくなります。

炎昼の候を使った文例

炎昼の候のように、”~の候”とつく漢語調の挨拶は、時候の挨拶の中で最もあらたまった丁寧な言葉です。

ビジネス・公的な手紙や、目上の方に出す手紙の場合には、漢語調の時候の挨拶を使うのが慣例です。

では、よく使われる文例をご紹介しましょう。

ビジネスや公的な手紙

  • 拝啓 炎昼の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 拝啓 炎昼の候、貴社におかれましては、いよいよご隆盛の由、心からお喜び申し上げます。
  • 拝啓 炎昼の候、貴社におかれましては、ますますご繁栄の段、慶賀の至りに存じます。
貴社は、会社の尊敬語です。
団体や協会に送る場合は、貴社を貴会に変えればそのまま使えます。

目上の方に出すような改まった手紙

  • 拝啓 炎昼の候、○○様におかれましてはいよいよご健勝のこととお慶び申し上げます。
  • 拝啓 炎昼のみぎり、皆様には一段とご清祥のことと拝察いたしております。
  • 拝啓 炎昼の折、御一同様におかれましてはますますご壮健のことと存じます。
炎昼の候」は「炎昼のみぎり」「炎昼の折」に変えて使うこともできます。

親しい方に出す手紙ならこんな時候の挨拶はいかが

  • 夏の日ざしのあまりの暑さに外出も控えがちの今日この頃、皆様にはいかがお過ごしでいらっしゃいますか。
  • うだるような暑さが続いておりますが、お変わりございませんか。
「炎昼の候」は改まった印象が強いため、親しい方に送る手紙の場合、ご紹介したような柔らかい挨拶に言い換えることもできますので参考になさってください。
タイトルとURLをコピーしました